ホーム » 海外のニュースや管理人の独り言
« スポンサードリンク »

「海外のニュースや管理人の独り言」の記事一覧

  • 中部国際空港セントレアのイベント情報(2008年2月27日更新)
  • 【フランス】エアバス、カジノ仕様の「A380」製造も
  • ロストバゲージの防ぎ方 その1
  • 激安!!成田発オーストリア航空利用ウィーン行き 48,000円
  • 鳥インフルエンザで海外旅行を検討中の方へ
  • えっ、リムジンバス代、自己負担??(怒)
  • 旅費の節約!!2008年1月出発以降、旅行を考えられている方へ。
  • 米国の飲料メーカー、汗の風味の炭酸飲料を発売へ(2007年10月5日)
  • 混雑する税関審査をさらっと通り抜ける裏ワザ!!
  • カトマンズで爆弾テロ5件、3人死亡15人負傷 (2007年9月3日)

中部国際空港セントレアのイベント情報(2008年2月27日更新)

☆ぎふ・東濃フェスティバル in セントレア

期間   3月8日(土)ー3月9日(日)・10:00〜17:00 
場所   4F イベントプラザ 

岐阜県東濃地域の特産品や伝統工芸が大集合!
楽しく参加できる体験コーナーや見ごたえのあるステージイベントが
盛りだくさんです。恵那市出身のタレント宮嶋麻衣さんのトークショーも開催!

詳しくは・・・
http://www.centrair.jp/event/ev-title/1179767_3676.html


☆アシアナ航空PRESENTS 「アマチン・マサのやっとかめ!トークショー」

期間   3月1日(土)−3月2日(日) 
場所   4F イベントプラザ 

名古屋を拠点に活躍する俳優夫婦、アマチンこと天野鎮雄(しずお)さんと
夫人で常滑出身の女優・山田昌さんが楽しいトークを繰り広げます。
地元やお二人の大好きな韓国の話題などがたっぷり!

詳しくは・・・
http://www.centrair.jp/event/ev-title/1179766_3676.html


☆第14回 JAAP 日本航空写真家協会展
SKYGRAFFITI 2008 in Centrair 

期間   2月27日(水)−3月16日(日) 10:00〜18:00 
場所   1F セントレアギャラリー 

日本で唯一の航空写真家の協会である“JAAP 日本航空写真家協会”。
旅客機、ヘリコプター、軽飛行機をはじめ、グライダー、熱気球、
スカイダイビングなどのスポーツ航空まで、幅広いジャンルを扱う
JAAP会員による写真展です。
2年に一度、定期写真展を東京と大阪で開催しており、
今回は中部地方での初の展示となります。

期間:2月27日(水)−3月16日(日) 10:00〜18:00
場所:センターピアガーデン1F セントレアギャラリー 
入場料無料

http://www.centrair.jp/event/ev-title/1179764_3676.html


☆アートキルトミュージアム2008 「源氏物語千年紀」 

期間 1月1日(火)−5月20日(火)、
   7月19日(土)−12月28日(日) 
場所   センターピアガーデンおよびアクセスプラザ 

2008年は『源氏物語』がちょうど一千年を迎えるといわれています。
セントレアでは「源氏物語」をテーマとした『アートキルトミュージアム2008「源氏物語千年紀」』を開催いたします。 

これらアートキルトはブラザー工業株式会社のご協力により、デザイン画をグラフィックデザイナー、布による表現をキルト愛好家が担当し、約500名の手により合同制作されたもので、開港以来毎年テーマを変えながら、世界初の新たな試みとしてご好評をいただいております。

セントレアの空間を生かした2.5m×2mのアートキルトという名の現代アート。千年のいにしえの古典文学とのコラボレーションをじっくりお楽しみください。

期間:2008年1月1日(火)−5月20日(火)
     および7月19日(土)−12月28日(日)
場所:センターピアガーデンおよびアクセスプラザ
主催:中部国際空港株式会社
特別協賛:ブラザー工業株式会社
後援:源氏物語千年紀委員会、徳川美術館

中部国際空港セントレア利用される方は、空港の新しい発見があるかもしれません。ぜひ、ご参加くださいね♪

« スポンサードリンク »

【フランス】エアバス、カジノ仕様の「A380」製造も

エアバス社が面白いこと考えましたね。

航空機内でカジノを開けば、お客様が逃げることできないですからね♪


雲の上でカジノ・・・・・・・・
楽しいでしょうね。




「空飛ぶカジノ」が誕生か――。世界最大の航空機メーカー、エアバスが2階建て超大型旅客機「A380」をギャンブル施設に仕立てることを検討している。エグゼクティブ&プライベート航空部門を率いるフランソワ・シャゼル氏によると、アジアの複数企業から引き合いが来ており、早ければ向こう5年以内にもお目見えする可能性がある。

「近いうちに正式受注に至れば、完全カジノ仕様のA380を2012〜17年に納入できるだろう」とシャゼル氏は語る。具体的な交渉相手については伏せているが、カジノ運営会社だけではないという。
 
同氏によると、飛行機をカジノに仕立てる構想は以前からあったが、「A380」の登場で大きく具体化した。同機がカジノのサービスをフルに提供するのに必要な空間を持つためだ。
 
シャゼル氏は「ギャンブルはアジアの成長産業」と指摘する。マカオは今やラスベガスをしのぐ規模に発展し、カジノが解禁されたシンガポールでは2009年に同国初の施設がオープンする予定。マカオの成功を目の当たりにして、ベトナムやカンボジア、台湾なども賭博産業に注目しているとされる。
 
一方、中国本土やタイのようにカジノが法的に禁止されていたり、厳しい規制が課されている国も少なくない。このため法の抜け穴をかいくぐる形で、香港沖などの公海上でギャンブルが楽しめるクルーズ船が運航されている。
 
同氏はこうした法的な問題について「もちろん(カジノ仕様のA380開発に向けた)要素の1つ」と認める。そのうえで「しかしそれよりも(空の上でギャンブルができるという)類いまれな娯楽の魅力の方が大きい」とする。
 
ただ今回の動きには各国政府が神経をとがらせそうだ。現行の法体系では空の上でのギャンブルに規制が及ばず、税金も課せないためだ。計画が本格化すれば、一部の国が新法の制定に乗り出す可能性もある。
 
なお先には、マカオとラスベガスで「ヴェネチアン」カジノを運営する米サンズが2機の専用ジェット機で両地を結び、機内でバカラが楽しめるサービスを開始する計画が報じられた。同社が今回の交渉相手に含まれているかは不明だ。

引用:YAHOOニュース 

« スポンサードリンク »

タグ /         

ロストバゲージの防ぎ方 その1

ご存知ですか、成田で1ヶ月間で1つの航空会社だけでも、ロストバゲージは1万個ぐらいあることを・・・・。


海外旅行中、けっこう当たってしまうのがロストバゲージ。
今回は、そのロストバゲージについてお伝えします。

航空会社に勤務している友人に聞きました。
「どうしたら、ロストバゲージにならないのか。その方法を教えてくれ!!」
って。

友人いわく
「そんな方法あれば、教えて欲しい」

(ー_ー)!!



結論から先に言いますと、そのような方法は残念ながらありません。

荷物がなくなる主な理由は、
1.乗り継ぎ空港で乗り継ぎ先の便に積み忘れ
2.積み忘れ
3.別の便に乗せた
4.目的地のターンテーブルで、別の乗客が間違えて持っていった
5.乗り継ぎの便を変えたが、TAGは古いままで張替えしてもらえなかった

わたし(または添乗中のお客様)はすべて経験しましたが、一番多いのは1番です。

以前、お客様でスーツケースにペンキで大きく名前を書かれていた方がいらっしゃいましたが、そのような方法は意味がありません。

自己防衛はクレイムタグ(手荷物半券)の行先を確認すること、不要な(過去の)タグ類は外しておくことぐらいです。

では、自己防衛ができないのであれば、荷物は何日間かなくなるものとして想定して、できるだけ早く見つかる方法やなくなった場合の対処の仕方などを何回かにわけて、プロ(^^ゞが伝授します♪


★出発前
1.スーツケースの特徴をよく覚えて、英語で書いておく。
  色、大きさ、キャスターの位置、メーカーなど

2.一目でわかる目印をつける。
  ベルトが一般的ですが、スカーフはベルトコンベアーに引っかかる可能性があるのでおすすめできません。

3.荷物を預けたときのTAGは絶対になくさない

4.現地での滞在先のホテル名・住所・電話番号は英語で書いておく
  直接ホテルに届けてもらうためです。

5.機内持ち込み荷物を検討する。
  なくなって困るものはもちろんですが、常備薬や1日間分ぐらいの着替えを入れておく。

6.荷物を分ける。(一人での旅行以外の場合)
  夫婦や友人同士で旅行する場合には、ご主人のもの、奥様のものという分け方や、下着類、上着類という分け方で荷造りするのではなく、両方に全てのものを半分ずつ分散して入れるましょう。


本来の意味するロストバゲージという本当になくなってしまうことはすごくまれです。ほとんどはディレイ(遅れて到着する)です。

次回は、荷物が出てこなかった場合の対処法などについてお伝えします♪

« スポンサードリンク »

激安!!成田発オーストリア航空利用ウィーン行き 48,000円

最初にお詫びします。m(__)m
普通ではこの料金で参加できません。この金額は下記条件がつきます。

☆設定期間:3月16日の成田帰着まで
☆利用資格:旅行会社社員と同行者1人まで
☆内容:オーストリア航空の成田発着ウィーン線の特別優待。
 料金は社員が3万8000円、同行者は1万円の追加料金。
 ウィーン以遠の欧州各都市へも利用可能で、追加料金は1セクターにつき
 5500円空港施設使用料、航空保安料、燃油サーチャージ等は別途。

つまり、わたしたち旅行会社社員と同行した場合の特別優待価格です。
このような優待は航空会社やホテルからたまにきます。


そこで、プロが伝授!!
ってほどでもないのですが・・・(^^ゞ

日本では旅行会社は3千とも4千ともあるといわれています。
そこで勤めている人となるとかなりの数でしょう。
まわりに旅行会社に勤めている知り合いいませんか?

親戚の誰かとか!
娘さんの友人とか!
父親の会社の取引先の人脈とか!


その方にお願いして、
☆優待価格の情報を得る

☆社内で行く予定の人を探してもらう

☆その人の日程に合わせる

☆格安優待価格で参加できる。


往復利用便を同じにすれば、あとはまったく別行動でいいのです。
一度探してみてくださいね♪

旅行会社社員と優待航空券を利用したい人をマッチングさせるサイト
作っても面白いかなぁ〜って考えています。(笑)

航空会社に怒られるかな!!

でも、サイトで調べると航空会社未定で47800円ってありました。???

« スポンサードリンク »

鳥インフルエンザで海外旅行を検討中の方へ

いろいろ報道されている鳥インフルエンザが原因で海外旅行が不安なかた、またはキャンセルしたかたいらっしゃると思います。

そこで今回は「鳥インフルエンザ」について正しい情報をお伝えします。


世界保健機関(WHO)によりますと2008年1月11日現在の鳥インフルエンザの感染確定症例数は、アゼルバイジャン、カンボジア、中国、ジブチ、エジプト、インドネシア、イラク、ラオス、ミャンマー、ナイジェリア、パキスタン、タイ、トルコ、ベトナムの14カ国、計349件(うち死亡例は216件)です。

鳥インフルエンザは本来鳥類間で感染するインフルエンザで、過去のヒトへの感染例は、庭先で鳥やアヒルを飼っている農家の人が、鳥のフン、内臓、死骸など鳥ときわめて密に接触した場合に限られています。

世界保健機関(WHO)が感染地域への渡航自粛も勧告していないのもそのためです。

もっとも心配するのは、海外旅行中にヒトからヒトに感染しないか?だと思います。

ヒトからヒトへの感染の可能性が疑われる症例がベトナム、タイなどで報告されていますが、現時点では鳥インフルエンザの発生を理由に海外旅行を自粛する必要はないと思います。

もっとも重要な点は、
鳥を飼育する農場や鶏市場などを避け、不用意に鳥に近づいたり触れたりしない。
うがいと手洗いの励行
です。

発生地域から帰国するときには、
発熱、せきなどの症状がある人は検疫官、帰宅後症状が現れた方は保険所に相談してください。


知識のない人に影響されて、せっかくの海外旅行が楽しめないってことにならないように旅行会社任せにせず、自分で情報をとってくださいね。


鳥インフルエンザの最新情報は

世界保健機関(WHO)※英語のサイトです。


日本語の情報は、
国立感染症研究所 感染症情報センター
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/index.html

などで確認できます。

« スポンサードリンク »

えっ、リムジンバス代、自己負担??(怒)

最終案内が送られてきた際に、
「成田から羽田へのリムジンバス代はお客様負担となります」との案内で激怒されたかた、いらっしゃると思います。

このようなトラブルも多いことから、先日JATA(日本旅行業協会)より、海外募集型企画旅行(いわゆるパッケージ旅行)で例えば「成田空港または羽田空港で乗継」のように、国内線から国際線への乗継が同一空港で行われるか、異なる空港間で行われるかが明らかでない場合(復路も同様)
国内空港間の交通費は企画旅行業者が負担しなければいけないなどとする通知がありました。

これは、大阪や名古屋でも同様です。

もちろん、これまでも、パンフレットや契約書面に書かれていたのですが、「見てなかった!」「説明受けていない!」とのクレームも多かったですね。

たしかに、
成田空港から羽田空港までのリムジンバス代 3,000円
関西空港から大阪空港までのリムジンバス代 1,700円
名古屋空港から中部国際空港セントレアまでのリムジンバス代 1,500円
って、大きい金額です。自己負担になるともったいないですよね。

せっかく、いろいろ探して決めたツアーなのに、何かだまされたようで!
みなさんの言いたいこと、よくわかります。

「成田空港または羽田空港で乗継」と書いてあれば、人間はいいほうに考えますよね。「わたしは成田で乗継だ!」って。


でも、2008年4月以降のツアーではご安心くださいね。
旅行会社が負担してくれます!!

ただ、格安航空券のみや、明らかに異なる空港を利用するがわかっている場合はその旨表記することによって、負担することはありませんのでご注意くださいね


■■★★★国内外の旅行を格安で★★★■■ - livedoor Blog 共通テーマ

« スポンサードリンク »

旅費の節約!!2008年1月出発以降、旅行を考えられている方へ。

以前のメルマガで紹介した燃油サーチャージがまた値上げされます。

航空会社によりますが、2008年1月1日発券分より、日本航空、タイ航空、アシアナ航空、KLMオランダ航空など多くの航空会社が日本から往復すると、2,000円〜5,000円高くなります。

「2008年1月1日発券分より値上げ」とはどういうことか?

これは、出発日に関係なく、その航空券を発券した日が、1月1日以降なら新料金が適応されるっていうことです。

ということは、12月31日までに発券すれば現状の料金(値上げ前)で発券できるということです。

それが、先の出発日でもです。
(通常は出発の1週間から10日前ですから1月1日以降の発券です。)

ここまでは理解いただきましたか?


さ〜〜て、そこで、キュウトからの裏ワザ伝授!!

1.自分の資金繰りを考える。
  旅行会社よりすぐに入金を依頼される場合がありますので、ボーナスで払おう」などと考えているかたには無理かも!! すぐに支払えるかどうか考えておきましょう。

2.申し込んでいる旅行会社に電話かメール。
  「わたしの申し込んでいる航空会社は燃油サーチャージ値上げ予定ですか?
   もし、その予定なら年内に発券することは可能ですか?」

添乗員付きのパッケージ旅行などは難しいかもしれませんが、航空券のみや航空券&ホテルなどのセットで手配されている方は、たずねましょう。

3.可能な場合は、おそらく、すぐに入金を依頼してくると思います。
  旅行会社は入金を確認して発券することが大原則なので。

4.値上げ前の料金で航空券をゲット!!
  差額は自分へのごほうびに、現地で美味しいものでも食べましょう!!
 
注意すべきは、発券したらその時点でキャンセル料金が発生します。


あまり先の出発日では、燃油サーチャージが値下げになるかもしれません。
みなさんの都合でキャンセルしなければならなくなるかもしれません。

おそらくキャンセルはしないだろうと思われる3月ぐらいまでの予定の方は検討されてもいいと思います。

旅行会社によって発券などの規程により、対応はそれぞれ違うと思います。
こころよく対応してくれるところもあれば、規定を盾に、できませんの一点張りもあるでしょう。
断っても違法ではありませんので・・・・。

たしかに、非常にめんどうです。ただでさえ年末年始のことでバタバタ!!
しかし、本当にお客様のことを考えれば、こちら(旅行会社)からこのようなことを提案すべきではないかと思います。
(きれいごとではなく、本当にそう思います。)

そのような旅行会社が将来、生き残っていくのでしょうね!!

海外旅行あれこれ - livedoor Blog 共通テーマ

« スポンサードリンク »

米国の飲料メーカー、汗の風味の炭酸飲料を発売へ(2007年10月5日)

なんとも、気持ち悪いと感じたのはわたしだけでしょうか?

[シアトル 3日 ロイター] 米シアトルを拠点とする飲料メーカーのジョーンズ・ソーダが、汗の風味がする炭酸飲料を発売することになった。同社は過去にマッシュポテト風味のソフトドリンクを販売したこともある。

 米プロフットボール(NFL)の地元チーム、シーホークスのファンに向けた限定版というコンセプトで、汗のほか、土、スポーツクリーム、天然芝、勝利の喜びという5種類の風味が用意されている。

 ジョーンズ・ソーダのトッド・レイウィキ最高経営責任者(CEO)は3日に声明で「独特な風味は(シーホークスの)選手たちのハードワークと決意に敬意を表するものだ」と述べた。

 同社はことしに入り、シーホークス向けのノンアルコール飲料のオフィシャルスポンサーに選ばれていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20071004-00000984-reu-ent

« スポンサードリンク »

混雑する税関審査をさらっと通り抜ける裏ワザ!!

この夏休み、海外旅行を楽しまれたことだと思います。

帰りの飛行機では、ぐったり、また日本に到着後は、入国審査等でぐったり。
時間帯、空港によっては、検査待ちの人たちでごった返していたと思います。

そんな、税関審査をさらっと通り抜ける方法を伝授します。


免税範囲を超えていないお客様は「緑の検査台」で、免税の範囲を超えているお
客様または免税の範囲を超えているかどうか分からないお客様は「赤の検査台」
で検査を受けることはご存知ですね。

「緑の検査台」が長蛇の列。でも、「赤の検査台」はガラガラ。
これも何回か海外旅行に行かれた方はよくご存知だと思います。

みなさんは、免税の範囲を超えた課税額が飛び上がるほど高いと思っていませんか?

実は、ワイン1本で200円ほどです。(缶ビール1本分ぐらいです。)

そこで、ちっとした裏ワザをつかいます。
いつも私は海外旅行先でワイン1本多く購入してきます。
(免税範囲は酒類3本なので4本)
日本で購入する差額を考えたら、それでも安くつきます。

つまり、わざと免税の範囲を超えて課税対象の列に並ぶのです。
それだけで、ガラガラの「赤の検査台」をさらっと通り抜けれます。

長蛇の列を横目に早く自宅に帰れますよ♪
次回の海外旅行から試してみてくださいね。

別送品のあるお客様などは、「携帯品・別送品申告書」を忘れないように!!


免税額の詳しいことは財務省ホームページへ。
http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/index.htm

海外旅行準備 - livedoor Blog 共通テーマ

« スポンサードリンク »

タグ /           

カトマンズで爆弾テロ5件、3人死亡15人負傷 (2007年9月3日)

以前より、マオイストと政府との衝突が絶えない国ですが、テロと見られる様なことはなかったように記憶しています。

たとえば、暴動。

これも実は雇われた人を含めた人たちが、1,2本タイヤを燃やして、大騒ぎする程度なんですが・・・・・。

本当は、ほんとうにすばらしいいい国なんです。国民ものんびりしたいい人たちだし、お釈迦様の生まれた国だし、なによりも、エベレストのある国です。景色も催行です。

はやく、このごたごたが静まるようにお祈りしています。


カトマンズで爆弾テロ5件、3人死亡15人負傷
9月3日9時29分配信 読売新聞


 【ニューデリー=永田和男】AFP通信によると、ネパールの首都カトマンズ市内と周辺の大学やバス停で2日、テロと見られる爆発が5件相次いで発生し、少なくとも3人が死亡、15人が負傷した。死者数はさらに増える恐れがある。

 同通信によると、カトマンズで爆弾テロが起きたのは、2006年5月に反政府組織・ネパール共産党毛沢東主義派と政府が停戦で合意して以来初めて。

 2日の事件の背後関係は不明だが、ネパールでは、王室存続の是非を焦点とする制憲議会選挙が11月に迫っており、同選挙実施の妨害を狙った犯行との説も出ている。

 毛派は、4月に政権入りして以降も各地でテロ活動を続けているとして非難を浴び、選挙が予定通り実施されれば形勢は不利と見られている。


気になるニュース - livedoor Blog 共通テーマ

« スポンサードリンク »
お問い合わせは♪
相互リンクやこのサイトに関するお問い合せは、
travel@@badpapa.net
までお願いします♪。
(@マークは一つはずしてくださいね)
ブログランキング&タグ
ポジション制限
  • ライブドアブログ

Return to page top