ホーム » 失敗しないホテル活用マニュアル
« スポンサードリンク »

「失敗しないホテル活用マニュアル」の記事一覧

  • 海外旅行での快適ホテルライフの基本
  • 海外ホテルのチェックアウトのしかた
  • 知ってトクするホテルチェックアウト術
  • ホテル施設ガイド
  • ホテルサービス活用法

海外旅行での快適ホテルライフの基本

ホテルロビー

チェックインのしかた
ホテルに到着したらまずはチェックイン。
ツアーでは添乗員や現地係員が代行してくれますが、個人旅行の場合などは次のような手順で行います。

チェックインは通常午後2時ごろから午後6時ごろまでです。到着が午後6時を過ぎるようであればあらかじめ連絡しておかないと予約が取り消されてしまうこともあります。

遅れそうな場合は到着時刻をホテルに連絡してください。はじめから到着時刻が夜遅くなる事がわかっている場合は、予約時にその旨を伝えておけば確実です。


チェックインの順序
フロントの「RECEPTION」へ行き、パスポートと予約確認書を見せる。

宿泊カード「REGISTRATION CARD」が手渡されるので、氏名、住所、パスポート番号など、必要事項を記入する。

支払方法をたずねられるので現金(CASH)かクレジットカードかを答える。通常、支払保証の為にクレジットカードの提示を求められる。

ルームキーが渡されて、チェックイン完了。荷物はベルボーイが部屋まで運んでくれます。


部屋に入ったらまずすべきこと
部屋についたら、スーツケースを開ける前にまずは不都合がないかチェックしてください。

後になってクレームをつけるより初めに言ったほうが、部屋を変えてもらうにもスムーズです。

不満な点や故障箇所があれば、その場でベルボーイに頼むか、フロントに電話して対処してもらいましょう。


部屋のチェックポイント
希望(予約)した部屋のタイプかどうか。
トイレ、シャワーなどの水廻り。お湯や水がきちんと出るか(夜遅くだとタンクの関係でお湯が出ない場合も多い)
ドア、窓のカギがきっちりとかかるか?鍵の使い方は。
タオルや石鹸は足りているか。
照明、テレビや空調などきっちりと作動するか。
非常口の位置も確認しておいてください。


部屋の鍵について
ルームキーは鍵式のほか、カードタイプのものもあります。カード型にも2種類あり、差込口に差し込んだままノブを回すもの(カードに穴があいている)と一度差し込んで抜いてからノブを回すもの(カードに磁気がついている)があります。

到着したらキーが正常に作動するかどうかを確認してください。磁器のついているカードキーはチェックアウトしたら、そのキーでは部屋に入れなくなり、記念にくれるホテルもあります。

また、ルームキーが部屋内の電気のマスタースイッチの役割をしていることもあります。その場合は部屋に入ってキーを入り口近くにある差込口に入れると部屋の明かりがつくようになっています。

« スポンサードリンク »

海外ホテルのチェックアウトのしかた

パッケージツアーでもチェックアウトは個人で行います。チェックアウトは通常出発日の正午まで(ホテルによっては午前10時のところも)。また、朝の8時〜9時は混雑するので避けた方が無難です。

洗面台やクローゼットなどに忘れ物がないか、十分確認したら、カギとミニバーの精算書を持ってフロントの「CASHIER」へ。荷物が多い場合は、ベルボーイに電話して取りに来てもらいましょう。

キャッシャーで、滞在中利用したサービス(電話代、ルームサービス、ミニバーなど)の代金を清算し、キーを返します。
発行された請求明細書をチェックします。誤りがなければ支払いをします。クレジットカードだけでなく、現金やトラベラーズチェックでも可能ですが、チェックイン時に作成したクレジットカードの控えを破棄してもらうことも忘れないでくださいね。

また、チェックアウト後も宿泊客の荷物はクロークが預かってくれますので、飛行機や列車の出発時刻まで時間がある場合など、荷物を預けておくと便利です。ベルボーイに申し出れば荷物と引き替えに預かり証を発行してくれます。預けた荷物を受け取る際には、チップを渡してください。

« スポンサードリンク »

知ってトクするホテルチェックアウト術

レイトチェックアウト
ホテルで決められているチェックアウト時間より遅くチェックアウトすることをいいます。

通常、チェックアウトは午前11時か正午のことが多いですが、延長したいときには別料金で受けてくれることがあります。また、交渉次第では、数時間の延長は無料で応じてくれることもありますので、一度交渉してみてくださいね。

これは、前もって言うと必ず、追加料金が必要となりますので、現地で交渉する事が必要ですよ♪


エクスプレス・チェックアウト
ビジネスマンが多いホテルでは、混雑する時間帯にチェックアウトで時間がかかるわずらわしさを解消するため、エクスプレス・チェックアウトというシステムを導入しているところもあります。

チェックアウトする朝までにドアの下から計算書が届けられるので、これにサインをしてカギと一緒にキードロップに入れれば終了です。

また、テレビモニター上で詳細をチェック、間違いがなければ画面を操作することでチェックアウトの指示ができる最新式システムが採用されているホテルもあります。

いずれも、チェックイン時にクレジットカードがインプリント(伝票に刻印)されていることが前提となります。

« スポンサードリンク »

ホテル施設ガイド

ホテルは高級になるほど、レストランやビジネスセンターなど、付帯施設が充実しています。そのいろいろな施設についてご案内します。

付帯施設について
4つ星以上のホテルには飲食施設をはじめ、さまざまな施設が付帯しています。滞在中に上手に利用してくださいね。

カフェ、レストラン、バー
規模が大きい高級ホテルになると、数種類のレストランやカフェ、バーがあり、選択肢が広くなります。もちろん、こうした飲食施設は宿泊客でなくても利用可能ですが、宿泊客の場合はゲストカードやキーを見せれば、サインだけで利用できます。支払いはチェックアウト時に宿泊代とともにまとめて行えます。

ビジネスセンター
ファクスやコピー機、パソコンなどを備えており、セクレタリーを担当するスタッフが常駐しています。携帯電話の貸し出しを行っているホテルもあります。ビジネスマンの利用が多いホテルにはたいていある施設です。

プール、ジム
大規模な高級ホテルには、プールやジムが設置されています。

スパ、エステサロン
リゾートホテルだけでなく、最近ではシティホテルにもスパやエステサロンが併設されていることが多いです。

ショッピング・アーケード
大規模なホテルには、ドラッグストアやブティック、ギフトショップなどが入ったショッピング・アーケードが付帯しています。高級ホテルのショッピング・アーケードには洗練されたショップが揃っています。

駐車場
セルフサービスのほか、ホテルに到着したら係員が駐車場まで運転してくれる「バレットパーキング」というシステムを導入しているところもあります。

« スポンサードリンク »

ホテルサービス活用法

ホテルは、宿泊客にさまざまなサービスを行っています。上手に利用して快適なホテルステイを楽しみましょう。


★フロントでのサービス★
両替
キャッシャーで両替を行っています。銀行がクローズしている時間帯や休日も対応しているので便利。ただし、日本円から現地通貨への両替はレートがあまりよくないこともあります。

現地通貨建てのトラベラーズチェックの場合は、額面通りの現金化が可能です。


郵便
絵はがきや封書・小包等の投函や切手の販売を行っています。


メッセージサービス
留守中にあったメッセージを受けておいてくれます。部屋に書面で差しこまれていたり、客室の電話のランプが点滅していたりしてメッセージのあることを知らせてくれます。


貴重品の預かり
客室内での盗難には責任もちませんが、セーフティボックスで貴重品を預かってくれます。キャッシャーで申し出れば使用方法を教えてくれます。

ただし、最近では、客室のクローゼット内部に金庫が設置されていることが多いです。


★客室でのサービス★
ルームサービス
電話1本で食事や飲物を部屋までデリバリーしてくれます。

高級ホテルでは、24時間サービスを行っているところが多いです。

朝食サービスは、前夜の決められた時間までにオーダーシートを記入し、ドアの外側ノブに掛けておきます。


クリーニング
ワイシャツやスーツなどは電話1本でクリーニングに出せます。洗濯物を入れる袋はクローゼット内に用意されています。

朝出せばたいていの場合、その日のうちに仕上がってきますが、翌日チェックアウトというときは、仕上がり時間を確かめておきましょう。

ハウスキーピング
部屋を汚してしまったときや寝具の追加が欲しいときなどは、ハウスキーピングに電話をすれば持ってきてくれます。チップを忘れずに渡してくださいね。






旅のアドバイス - livedoor Blog 共通テーマ

« スポンサードリンク »
お問い合わせは♪
相互リンクやこのサイトに関するお問い合せは、
travel@@badpapa.net
までお願いします♪。
(@マークは一つはずしてくださいね)
ブログランキング&タグ
ポジション制限
  • ライブドアブログ

Return to page top