ホーム » 出入国完全マニュアル
« スポンサードリンク »

「出入国完全マニュアル」の記事一覧

  • 機内での過ごし方などエンジョイ術 その2
  • 機内での入国準備
  • 機内での入国準備
  • 入国手続きのながれ
  • 入国手続きのながれ
  • 1.到着 2.検疫 3.入国審査
  • 4.荷物の受け取り 5.税関 6.到着ロビー
  • 到着した空港で
  • 到着した空港でのトラブル

機内での過ごし方などエンジョイ術 その2

せっかくの海外旅行、最初に乗った飛行機で、肌が乾燥した!、時差ぼけだ!体調が悪い!などとなっては台無しです。また、到着した現地でもアクティブに行動できません。

ここでは、飛行機による身体へのトラブルの原因などを説明して対処法をお伝えします。それを知ることによって快適な機内の時間をお過ごしください。

この方法は、知人の添乗員さん、客室乗務員さんなどにいろいろ聞いた結果です。


時差ぼけ
Jet Lag (ジェットラグ)とも呼ばれます。
だるーい、気分が乗らない、ねむーい(ねむれなーい)、でも食欲はある、などがおもな症状です。べつにそれ自体はたいしたことありませんが、ひどくなると頭痛・はきけもあります。

原因は、体内の24時間時計と、実際の外の時間のバランスがくずれて、体のリズムが合わなくなり、身体のいろんな機能に影響がでるためです。また症状は、時差が4〜5時間以上から出はじめます。

普段規則正しい生活をしている人ほど、体内に24時間時計(しかも正確な)を持っているので、要注意です。

時差ぼけの克服には、この体内時計を現地の時間に適応させることがいちばんです。

具体的にはまず、いつも到着地を意識していること。つまり到着地の、「いま」の時間、気候、街の雰囲気などをイメージしておくことです。

たとえば、成田を夕方出発したニューヨーク便。現地(ニューヨーク)はいま早朝3時、4時。そして早朝のマンハッタンの肌寒さや朝の町の静けさなどを意識することで、体内時計は徐々にニューヨーク時間に適応をはじめ、到着するころのには、体内時計と実際の時間の誤差も少なくなっているので、時差ぼけもほとんどないはずです。

これとは反対に、「いまごろ(東京では)まだみんな残業かな。」、なんていつまでも日本時間を意識していると、体内時計はニューヨークに到着しても、まだ日本時間のまま。つまり、時差ぼけになってしまいます。

また、到着地を意識するほかの方法として、現地時間に合わせた時計を何度も見る。
日本出発してから何時間経ったと意識せず、到着まであと何時間と意識することが大切です。

機内では、機内に入ったらすぐ時計の針を現地時間にあわせて、なにか集中できるようなもので、時間を過ごすといいみたいです。
本を読んだり、音楽聞いたり、パソコンしたりと。そして、時々時計をみては、現地の「いま」を意識してください。

眠くなったら寝てください。でも日本時間の中で寝ずお昼寝する気持ちで。

そして到着してからの体内時計の調整法。これは日光を浴びることです。これは光療法といって、日光にあたることは、人間の体内時計を調整する働きがあるとのことです。

ちなみにわたしは添乗中、お客様から「天然ボケ」ってよく言われます。(泣)


耳の痛み
耳がツーン。 飛行機にかぎらず、エレベーター、トンネルの中、山登りなどでも、耳が詰まったかんじになって、耳が痛くなったりすることありますよね。これは航空性中耳炎っていいます。

ほとんどは、数分で治ることが多いですが、耳が詰まったかんじや、痛みが、数時間続くこともあって、頭痛を引き起こしたりして、ひどい時は数日に及ぶこともあります。

原因は、機内の気圧の影響。
飛行機は、上昇中と下降中は、機内の気圧の変化が大きく、その際に耳の内部で気圧のバランス調整している耳管と呼ばれるところが、この急激な気圧の変化に対応できなくなって、その耳管を閉じてしまうために、この耳がツーンという症状がおこります。

上昇中(離陸)でのこの症状は、まだ軽いです。この耳管の通気も簡単なんですが、下降中(着陸)の機内気圧が急激に上がるときが一番、「ツーン」症状が出やすく、耳管の通気も難しくなります。

これはとくに、風邪をひいているときや、鼻が詰まっているときにかかりやすく、また重症になるので注意が必要です。

そんなときは、軽い症状であれば、水を飲んだり、あくびをしたり、あごをカクカクさせたりすることで、この耳管の通気が元通りに戻り、直ります。

それでもだめな場合は、ダイビングなどでよく行う、耳抜き。
鼻をつまんで、息を吸い込み、口を閉じた状態で息を耳に送り込むことで、耳管の通気を取り戻します。これは結構効果的です。

ただ、先にお伝えしたとおり、風邪をひいたり、鼻が詰まっているかかりやすいので、そんなときは、下降開始前から、点鼻薬を使ったりすることで、症状を軽くすることができます。
ガムやアメも有効ですので、お試しを。

子供の場合は耳管が大人より太く、短いため、耳がツーンとなりにくいそうです。


肌のかさかさ
皮膚がかさかさ、唇がひび割れ、のどがカラカラ、そして鼻の粘膜までもかさかさに。飛行機に乗ると、身体中が乾燥しますね。機内が異常に乾燥しているのです。

実は機内は、わざと乾燥させてるんです。だから、体中が乾燥して、かさかさになるのは逆に言えば正常ですので、しっかりとした対策が必要です。機内の湿度は10%〜12%っていうのも珍しくありません。(びっくりでしょう!!)

では、どうして機内をわざと乾燥させているのか知っていますか?

機内の温度調節は、エンジンが作り出す高温の圧縮空気を一気に冷やして、エアコンから機内に送り込むことにより、快適な機内温度を保っています。

この高温圧縮空気を冷やすことにより、空気中に含まれている水分が水滴となって現れてきてしまい、それが飛行機の部品や、窓ガラスに結露となることで、各部品に悪影響を与えてしまいます。

そのため、エアコン内の水分をあらかじめ除去して、そして機内に送り込んでいるんです。

スキンクリーム、リップスティック、そしてフェイス用のスプレー式ローションか、水を定期的に顔に吹きかけて、乾燥を抑えてくださいね。

そして、なによりも大切なのは水分をたくさん取ること。
これ油断すると、血液まで乾燥して血栓ができやすくなるので要注意です。

ある添乗員さんから聞いたのは、コーヒー、アルコールは肌をもっと乾燥させてしまうらしいです。

鼻の粘膜が乾燥する方は、鼻用スプレーが必須ですね。


エコノミークラス症候群
足全体が血行不良を起こしているような、足がだるかったり。こんな症状ありませんか?
これがひどい場合、機内が乾燥していることから、脱水になりやすく、そして血液が濃くなり、血栓ができやすくなります。そして、その血栓がながされて肺の血管を詰まらせて、呼吸困難そして・・・・。

これが、エコノミークラス症候群です。
けっして、エコノミークラスだけではなくて、ビジネスでもファーストでも実際起こっています。

ここまでいかないにしても、足の痛み、むくみ、血行不良からくるだるさは、狭い機内で長時間にわたって同じ姿勢でいると起こる症状です。

ほうっておくと、足の血流がどんどん悪くなるので、痛みが増します。
これはやはり、適度に運動することです。屈伸運動したり、足を揉んだりして血行をよくする必要があります。
そして、かならず水分もたくさんとってくださいね。

« スポンサードリンク »

機内での入国準備

いよいよ着陸、その前にすべきこと
目的地が近づいてくると入国カードや税関申告書等、入国審査に必要な書類が配られます。機内で記入しておけば、スムーズな審査ができます。でも本当の本当は、出発前に書いたものを用意しておくのが一番です。(用紙は旅行会社に頼めばもらえる場合があります。)

書き方がわからない場合は、乗務員や添乗員さんに聞いてくださいね。

入国審査書類等は、空港の入国審査カウンターにもありますので、もらい忘れても心配はありません。

飛行機には、目的地まで直接飛ぶ直行便と途中に別の空港に寄港して給油をしたりする経由便があります。経由地国には入国せずに寄航することをトラジット(一時寄港)と言います。
また、経由地で飛行機を乗り換える場合は、トランスファー(乗り継ぎ)と言います。トラジット(一時寄港)とトランスファー(乗り継ぎ)のいずれも、到着した国は寄港のみで入国はしません。

トラジット(一時寄港)
トランジットカードを受け取れば機外にでることが出来ます。
「TRANSIT」の表示にしたがって、空港内のトランジットルームで待機します。その場合、免税店での買い物ができますが、経由地の貨幣でくれるので注意してください。
出発のアナウンスがあったら、機内に戻りましょう。聞き逃さないように。
通常トランジットは1〜2時間くらいですから、機外に出られない場合もあります。

機外に出るとき貴重品は必ず持って出てくださいね!!

トランスファー(乗り継ぎ)
トランスファーの場合は、乗り継ぎですから荷物は全部持って降ります。
「Transfer」の表示にしたがって進み、トランスファーカウンター(乗り継ぎカウンター)でチェックインします。

乗り継ぎまで待合室で待機です。搭乗時刻が来れば指定されたゲートから搭乗します。



« スポンサードリンク »

機内での入国準備

いよいよ着陸、その前にすべきこと
目的地が近づいてくると入国カードや税関申告書等、入国審査に必要な書類が配られます。機内で記入しておけば、スムーズな審査ができます。でも本当の本当は、出発前に書いたものを用意しておくのが一番です。(用紙は旅行会社に頼めばもらえる場合があります。)

書き方がわからない場合は、乗務員や添乗員さんに聞いてくださいね。

入国審査書類等は、空港の入国審査カウンターにもありますので、もらい忘れても心配はありません。

飛行機には、目的地まで直接飛ぶ直行便と途中に別の空港に寄港して給油をしたりする経由便があります。経由地国には入国せずに寄航することをトラジット(一時寄港)と言います。
また、経由地で飛行機を乗り換える場合は、トランスファー(乗り継ぎ)と言います。トラジット(一時寄港)とトランスファー(乗り継ぎ)のいずれも、到着した国は寄港のみで入国はしません。

トラジット(一時寄港)
トランジットカードを受け取れば機外にでることが出来ます。
「TRANSIT」の表示にしたがって、空港内のトランジットルームで待機します。その場合、免税店での買い物ができますが、経由地の貨幣でくれるので注意してください。
出発のアナウンスがあったら、機内に戻りましょう。聞き逃さないように。
通常トランジットは1〜2時間くらいですから、機外に出られない場合もあります。

機外に出るとき貴重品は必ず持って出てくださいね!!

トランスファー(乗り継ぎ)
トランスファーの場合は、乗り継ぎですから荷物は全部持って降ります。
「Transfer」の表示にしたがって進み、トランスファーカウンター(乗り継ぎカウンター)でチェックインします。

乗り継ぎまで待合室で待機です。搭乗時刻が来れば指定されたゲートから搭乗します。



« スポンサードリンク »

入国手続きのながれ

1.到着
空港に到着したら、忘れ物がないかをチェック(よく、座席の前のポケットに忘れる方多いですから気をつけて!!)し飛行機を降りたら「ARRIVAL(到着)」の表示に従って進みます。「TRANSIT」は一時寄港の表示なので間違わないようにしてください!

2.検疫(Quarantine)
イエローカード(国際予防接種証明書)が義務付けられている一部の国以外は、チェックがないのでそのまま通貨できます。

3.入国審査(Immigration/ Passport Coutrol)
パスポートと入国カードを提示して審査を受けます。問題がなければ、パスポートに入国スタンプを押してくれます。

4.荷物の受け取り(Baggage Claim)
預けていた荷物は、自分が搭乗してきた飛行機の便名が表示されているターンテーブルに出てくるので、自分の荷物を取ります。

5.税関(Customs)
ターンテーブルから受け取った荷物を持ってパスポートと税関申告書を提出します。

6.到着ロビー(Arrival Lobby)
現地係員や出迎えの人との待ち合わせ到着ロビーが多いですね。
ツアーであれば、ツアーの名前を書いたプラカード等を持っていると思います。

それぞれの項目に関して詳しくは次に!

« スポンサードリンク »

入国手続きのながれ

1.到着
空港に到着したら、忘れ物がないかをチェック(よく、座席の前のポケットに忘れる方多いですから気をつけて!!)し飛行機を降りたら「ARRIVAL(到着)」の表示に従って進みます。「TRANSIT」は一時寄港の表示なので間違わないようにしてください!

2.検疫(Quarantine)
イエローカード(国際予防接種証明書)が義務付けられている一部の国以外は、チェックがないのでそのまま通貨できます。

3.入国審査(Immigration/ Passport Coutrol)
パスポートと入国カードを提示して審査を受けます。問題がなければ、パスポートに入国スタンプを押してくれます。

4.荷物の受け取り(Baggage Claim)
預けていた荷物は、自分が搭乗してきた飛行機の便名が表示されているターンテーブルに出てくるので、自分の荷物を取ります。

5.税関(Customs)
ターンテーブルから受け取った荷物を持ってパスポートと税関申告書を提出します。

6.到着ロビー(Arrival Lobby)
現地係員や出迎えの人との待ち合わせ到着ロビーが多いですね。
ツアーであれば、ツアーの名前を書いたプラカード等を持っていると思います。

それぞれの項目に関して詳しくは次に!

« スポンサードリンク »

1.到着 2.検疫 3.入国審査

1.到着
入国審査に向けては、パスポート、入国カード、税関申告書の提出書類を出しておいてください。

入国カードを機内で書き忘れた人は、入国審査のカウンターにも置いてあるので書いてください。


2.検疫
イエローカード(国際予防接種証明書)が義務付けられている一部の国以外は、チェックがないのでそのまま通貨できます。

検疫は、指定されている国ではイエローカード(国際予防接種証明書)を提示します。
未接種の場合は、空港で接種を受けなければならないこともあります。


3.入国審査
パスポートと入国カードを提示して審査を受けます。問題がなければ、パスポートに入国スタンプを押してくれます。

カウンターは、Resident(居住者)とNonresident(非居住者)又はForeign Passportと分かれている場合があるので、該当するところに並びます。

混雑時には、居住者用カウンターのすぐ隣の行列に並ぶのがポイント。現地の人はさほど多くないので、彼ら全員のチェックが終わるとそのカウンターは外国人用になる場合があります。早く済ませるための裏ワザです♪

入国審査は、問題がなければすんなりと通ることができますが、一つ間違うと審査官が入国を認めないってことになる恐れもあります。

入国審査官がチェックする項目としては、
・ブラックリストに載っていない人物であるかどうか!
・不法滞在の可能性はないか!
・許可なしに商売をしたり就労することはないか!

不法滞在や商売、就労の可能性については、その気もないのに入国審査官に疑われると入国できないってことにもなりますので、十分に注意してくださいね。

ブラックリストに載っているかどうかは、本人が一番よく知っているのでは? (笑)

ツアーの場合はほとんど問題はないと思いますが、一応お知らせしますね。
・片道の航空券しか持っていない場合(国によって違います)
・パスポートに押されたビザが観光なのに、入国の際に「勉強」とか「仕事」だと答えた場合。
・滞在先があやふやだったりした場合。
・長すぎる滞在期間の場合。

入国審査官は、基本的に英語で話しかけてきます。
多少英語が話なせる方でも、訛りの強い英語だったり、気が動転したりすると、聞き取れない場合もあるかも知れません。

その場合、絶対に中途半端にうなずかないことです。
聞き取れなかったした場合、意味が解らなかった場合等、はっきりとわからないと伝えるようにしてください。

そうすれば、入国審査官側が対処してくれます。


質問と答えの代表例です。
・入国目的は何ですか?
 What is the purpose of your visit?
 観光です Sight-seeing.

・どれくらい滞在しますか?
 How long will you stay?
 9日間です 9days.

・何か申告するものがありますか?
 Do you have anything to declare?
 ありません No,nothing.

・これは何ですか?
 What is this?
・身の回り品です It's a personal effect.

緊張せずに、頑張ってくださいね!!



 

« スポンサードリンク »

4.荷物の受け取り 5.税関 6.到着ロビー

4.荷物の受け取り
預けていた荷物は、自分が搭乗してきた飛行機の便名が表示されているターンテーブルに出てくるので、自分の荷物を取ります。
荷物を間違わないようにしてくださいね。同じようなバッグがある場合、チェックインの時にもらったクレームダグ(荷物引換証)で確認してください!

荷物が破損したり、出てこなかったりした場合は、空港の係員に申し出てクレームダグ(荷物引換証)提示し手続きしてください。


5.税関
ターンテーブルから受け取った荷物を持ってパスポートと税関申告書を提出します。

課税対象になるものや持込禁止品を持っていなければ、申告なし(Nothing declair)なのでそのまま通っていけます。

厳しい国では、荷物の中身をチェックされることもあります。カメラや電気製品など新品のままだと「売り物」と判断されて課税されることになります。
いずれにしても、はっきりと自分の意見を伝えてくださいね!


6.到着ロビー
税関を抜けると、いよいよ外国の地です!
到着ロビーは一般の方も出入りできるので人も多くなります。

現地係員や出迎えの人との待ち合わせ到着ロビーが多いですね。
ツアーであれば、ツアーの名前を書いたプラカード等を持って待っています。

到着ロビーは、もう外国です。タクシーやホテル等の客引き等色々な現地の人が声をかけてきたりします。
ツアーの場合はもちろん「No」ですが、個人旅行の場合も必要がなければ「No」とはっきり言ってくださいね!

« スポンサードリンク »

到着した空港で

両替
日本で到着地の通貨を用意していなかった場合、まず空港内の両替窓口に向かってください。
だた両替は必要最小限におさえてくださいね。

空港内にある両替所のレートはたいがいの場合、市内の銀行よりレートが悪いです。

空港で両替する場合、到着した日が何曜日なのか、また、何時なのか、という2点がポイントとなります。国によって多少事情が異なりますが、一般的に土日祝および夜間は市内の銀行は営業していません。金曜の夜間から日曜に到着した場合は、少し多めに両替しておいたほうが無難です。

平日の昼間に着いたのであれば、とりあえず空港から市内またはホテルまでの交通費程度の金額を両替してください。
ただ、両替の際に一定の手数料を徴収されることもありますので、あまり小額だとレートの悪いうえに手数料がプラスされ、かなり損をする可能性もあります。


リコンファーム
リコンファーム(Reconfirm)とは、フライトの予約再確認のことです。電話でしてもいいですが到着時に空港で済ませてしまうと安心です。

リコンファームは、飛行機を予約したのに実際に搭乗しない人を少なくすることを目的としています。航空会社によっては、リコンファームがなかった乗客の予約は、自動的にキャンセルされてしまうこともあります。中国の航空会社でよく発生しているので中国方面に旅行される方は気をつけてくださいね。

ただ、最近では、多くの航空会社が「リコンファーム不要」としており、特に日本に就航している会社のほとんどが不要。航空券を購入した際には、リコンファームが必要かどうか確認してください。

リコンファームは基本的に出発の72時間前までに航空会社のオフィスに電話を入れるか、直接カウンターに出向いて済ませます。電話でのリコンファームに自信がない方は、到着時に航空会社のカウンターに立ち寄って、その場でリコンファームを済ませてしまうのが最良の方法です。

方法は、航空会社のオフィスに出向き、航空券を呈示して「Reconfirm, please」と言えばOKです。電話の場合も同様です。「Reconfirm, please」の次に予約してある便名、出発日、名前を告げます。この際、滞在先のホテルの電話番号を聞かれることが多いです。何かの事情で搭乗予定のフライトがスケジュール変更になったり、キャンセルになったりした場合に連絡をするためのようです。

ちなみに、パソコンで「りこんふぁーむ」と打って変換すると「離婚ファーム」となります。ファーム=農場 つまり離婚農園ですね。なんのことやら♪

情報収集
主要都市の空港には、たいていの場合、インフォメーション・センターや観光案内所が設けられていて、空港から市内へのアクセス情報・路線図やホテルの情報、観光パンフレットや地図などが無料で用意されています。必要と思われるものをピックアップしてください。

また、自由旅行などで当日のホテルが決まっていないときには、空港内にホテルの予約窓口がある場合も多いので、そこで予算を伝えて空室のあるホテルを紹介してもらうといいでしょう。

« スポンサードリンク »

到着した空港でのトラブル

さまざまな人が行き交う空港は、トラブルの多い場所です。特に海外の空港では、常に緊張感を忘れずに行動するようにしてください。
空港で遭遇する可能性があるトラブルは次のとおりです。

盗難
特に置き引きやスリが多いので、荷物の管理は万全を尽くしてください。出発客を狙った空港専門の窃盗団も存在します。チェックインの際に足元に置いたバッグを置き引きされるケースもあります。また、海外の空港では、バゲージクレームでターンテーブルから荷物をピックアップする際にカートに残したままにした機内持ち込みにしていた荷物を盗まれることも多くあります。

同様に、両替所やインフォメーション・センター、レンタカーのカウンターなどで足元に置いた荷物を置き引きされることも。旅の間は、どうしても注意力が散漫になりがちですので、気持ちを引き締めてくださいね。

また、貴重品は常に身につけて管理してください。

機内預け荷物がでてこない
出発時に機内預けにした荷物が出てこない場合は、バゲージクレーム・カウンターで搭乗券と一緒に渡されたバゲージクレーム・タグ(手荷物引換証)を呈示し、捜索を依頼してください。パッケージツアーでは添乗員かガイドがします。

時差に注意
空港に着いた時点で機内で変更した現地時刻を確認してください。これをしておかないと乗り継ぎ便に遅れたり、予約しておいた列車に乗れなかったり、といったアクシデントに見舞われる可能性もでてきます。

« スポンサードリンク »

タグ /           

お問い合わせは♪
相互リンクやこのサイトに関するお問い合せは、
travel@@badpapa.net
までお願いします♪。
(@マークは一つはずしてくださいね)
ブログランキング&タグ
ポジション制限
  • ライブドアブログ

Return to page top