ホーム » 出発までの準備編
« スポンサードリンク »

「出発までの準備編」の記事一覧

  • パスポートについて
  • パスポートの申請から受領まで 
  • ビザ(査証)とは
  • ビザ(査証)の申請と受領
  • イエローカードの申請と受領
  • いざというときのための海外旅行傷害保険
  • 海外旅行に便利な各種証明書
  • 海外旅行でのお金の準備
  • 海外旅行での旅行カバンと持ち物選び
  • 海外旅行の服装プランのポイント

パスポートについて

パスポート





パスポートとは
パスポートには有効期間が10年と5年の2種類があります。
右側の赤い表紙のパスポートが10年有効のICパスポートです。左側の紺色の表紙のパスポートが5年有効のICパスポートです。

申請する日に20歳以上の方は、10年か5年のパスポートを選択できますが、20歳未満の方は5年のパスポートしか申請できません。


パスポートは1人1冊です。
パスポートをもっていなければ、世界のどの国にも入国できません。もちろん、日本を出国することもできません。海外に出かける人は、年齢にかかわらず、誰でもパスポートを取得してください。(お子さんを併記する制度は、平成7年に廃止されました。)


パスポートは、海外であなたの国籍・身分を証明する唯一の公文書です。
パスポートは、外国で、自分が何者であるか(国籍、氏名、年齢など)を証明できるほぼ唯一の手段です。そのため、外国では、国内にいるときと違って様々な場所でパスポートの提示が求められます。具体的には、
   ゞ港などでの出入国審査のとき
   ▲曠謄襪縫船Д奪インするとき
   トラベラーズ・チェック(旅行小切手)を使用するとき
   し抻ヾ韻覆匹ら身分証明書の提示を求められたとき
などです。外国でパスポートを紛失したり盗難にあったりした場合、あなたの国籍やあなたが誰であるかを証明することができなくなり、旅行そのものが続けられなくなる場合もあります。もちろん、現地の日本領事館でパスポートの再発行はできますが、当然時間がかかります。

パスポートは、真にやむを得ない場合を除き、他人には預けず、自己の責任で厳重に管理してください。


パスポートの残存有効期間の確認を忘れずに。
パスポートの有効期間が3か月または6か月以上ないとビザがもらえない国があります。長期滞在ビザの場合、パスポートの有効期間が1年以上残っていないとビザの取得ができない国もあります。

また、ビザのいらない国でも、その国への入国時にパスポートの有効期間が2か月または3か月以上必要だという国もあります。

海外旅行を計画する時は、渡航を予定している国の条件とあなたのパスポートの有効期間を早めに確認して下さい。

パスポートの残存有効期間が1年未満になったとき、または渡航先国がビザ取得の条件にパスポートの残存有効期間を1年以上としているとき(事情説明書が必要になる場合があります。)には、そのパスポートを返して、新たにパスポートの新規発給申請することができます。


パスポート申請できるのは、住民登録している各都道府県の旅券課窓口です。  
ただし、海外からの一時帰国者、船員、学生・生徒、長期出張・単身赴任者などの住民票が実際すんでいる都道府県と別にある方は住んでいる都道府県で申請できる場合があります。
詳しくは、確認くださいね。


パスポートを受領できるのは、年齢に関係なく申請者本人のみです。
新規発給申請及び再発給申請のパスポートについては、パスポートの写真と受け取りに来られた方が同一人物に聞違いないか確認した上で、パスポートをご本人に渡されます。

代理受領や郵送での交付は一切行っていませんので、年齢に関係なく必ず申請者ご本人がパスポートの受領に行ってください。。

« スポンサードリンク »

パスポートの申請から受領まで 

パスポートを申請するためには次の書類が必要です。

1.一般旅券発給申請書 1通(国外のIC旅券作成機未設置公館で申請する場合は2通)
申請書はパスポート申請窓口で入手できます。
申請書は5年有効なパスポート申請用と10年有効なパスポート申請用の2種類に分けられています。
*20歳未満の方は、5年有効なパスポートしか申請できません。

2.戸籍謄(抄)本 1通
申請日前6ヶ月以内に作成されたもの。

3.住民票の写し1通(住民基本台帳ネットワークシステムで確認可能な方については、原則不要です)
本籍の記載が必要。
申請日前6ヶ月以内に作成されたもの。

4.写真 1枚

・縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なしで、無背景(薄い色)の写真。
・申請日前6ヶ月以内に撮影されたもの。
・無帽で正面を向いたもので、頭頂からあごまでが34±2mmであるなど申請書に記載されている規格を満たしていることが必要です。
・写真の裏面には申請者の氏名を記入して下さい。
 *ご記入の際は表面にインクがにじまないように、また凸凹が出ないようにご注意下さい。

5.郵便はがき(日本郵政公社が発行する通常はがき) 1枚
未使用のもの。宛先として住民票の記載や住民基本台帳ネットワークに登録されているとおりに申請者の住所、氏名を記入して下さい。

6.申請者本人に間違いないことを確認できる書類
(有効な書類の原本に限ります)

(1)1点で良い書類(一部省略)
運転免許証、船員手帳、宅地建物取引主任者証など

(2)2点必要な書類
AとBの各1点、又はAから2点を提示して下さい。


健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書(手帳)、船員保険年金証書(手帳)、恩給証書、共済年金証書、印鑑登録証明書(登録した印鑑も必要です)等
次の内写真が貼ってあるもの
学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書等(印鑑が必要な場合があります)

上に掲げられている書類を全部そろえて、住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請して下さい。
申請から受領までに、通常1週間程度(土・日・休日を除く)かかります。

未成年者(20歳未満の未婚者)が申請する場合
申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者(父母又はそのいずれか一方)又は後見人が必ず署名して下さい。
親権者又は後見人が遠隔地に在住し、申請書に署名ができない場合には、親権者本人又は後見人の署名のある同意書を提出して下さい。
その他親権者又は後見人の署名を得ることができない事情がある場合には、都道府県旅券事務所に相談してください。


パスポートを受け取る時には次のものを持って、本人が必ず交付(申請)窓口に行ってください。

1.申請の時に渡された受理票(受領証)

2.手数料(必要額の収入証紙及び収入印紙を受領証に貼付して下さい)


旅券の種類都道府県収入証紙収入印紙
10年間有効な旅券
(20歳以上)
2,000円14,000円16,000円
5年間有効な旅券
(12歳以上)
2,000円9,000円11,000円
5年間有効な旅券
(12歳未満)
2,000円4,000円6,000円※
※12歳未満の方の発給手数料は減額されます。

3.申請の時に提出し、自宅に送られてきたはがき

(注)国・地域によっては、査証申請時または入国時に必要な旅券の残存有効期間を設けている場合があります。旅券の有効期間は十分ご確認ください。
(例:入国時に6ケ月以上の旅券の残存有効期間が必要な国:インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイ等)

« スポンサードリンク »

タグ /           

ビザ(査証)とは

必ず必要なわけではないビザ(査証)
ビザ(査証)とは、渡航先の大使館(領事館が)発行する、入国するための推薦状のようなものです。通常パスポートの査証欄にスタンプやシールなどの形で交付されます。

ビザ(査証)がないと入国できない国もあれば、観光だけが目的なら不要という国もあり、その規定や条件は国によって大きく異なります。

留学や商用など、観光以外の目的の場合は必ず必要です。

申請は在日の大使館(領事館)で行いますが、申請方法や必要書類などは国によって違うので、まず政府観光局や大使館で確認してください。旅行会社に聞くのが手っ取り早いかもしれません。

個人ではビザ(査証)の申請ができない国もあります。多少の手数料がかかりますが、時間のないときは旅行会社にまかせてしまうと簡単です。(ちょっとセールスしました。)

※ビザ(査証)は国によって手間が全く異なります。名前、パスポート番号、発効日だけ書けばいい国から、書類1枚の裏表に名前、パスポート番号、発効日は当たり前、既婚者の女性の方は、配偶者の名前から、父親の名前までびっしり書かなければならない国(インドなど)まであり、これが同じ1国のビザ(査証)取得手数料では???といつも思っています。


« スポンサードリンク »

タグ /           

ビザ(査証)の申請と受領

自分でビザ(査証)取得の手続きする場合の申請と受領の方法です

1.必要書類を確認し、準備する
パスポート、写真など必要書類や発行の条件は国によって異なりますのでまず大使館(領事館)に確認してください。各国の大使館ホームページ(日本語でかかれています)でも確認できます。

一般的には、パスポート、写真2枚、申請書(各国の大使館ホームページでダウンロードできる国もあります)などが必要です。貯金残高証明書、予防接種証明書、往復の航空券、日程表などが必要な国もあります。

※パスポートの残存期間や査証欄の余白には特に注意してください。

2.大使館(領事館)に申請する。
必要書類をそろえたら、大使館の査証課へ。ビザの申請受付時間が限定されていたり、自国の祝日で休館ということもありますので注意してください。

交付までの日数は1〜10日間など国によってまちまちです。申請から交付まではパスポートを預けますので注意してください。


3.ビザ(査証)交付
指定された日時に、ビザが交付されたパスポートを受け取りに大使館へ。



関連リンク

在日外国大使館  ▲在日外国政府観光局  ▲国際機関



« スポンサードリンク »

イエローカードの申請と受領

イエローカードとは
イエローカードとは国際予防接種証明書の俗称(紙の色がイエローなので)でWHO(世界保健機構)が伝染病感染地域として指定した場所に渡航する場合(あるいは経由して他国に行く場合)に必要です。規定の予防接種を受けることによって発行してもらえます。

その主なものが黄熱で、この汚染地域に滞在、通過の場合イエローカードを提示しないと入国できない国があります。

海外旅行においては目的国入国時にイエローカードが必要かどうかを事前に確認し、必要なら予防接種を行い、証明書を取得していなければなりません。

ただし、現在熱帯地域以外の主な観光地ではほとんど必要ないと考えていいと思います。指定地域はアフリカ、南米の熱帯地域や東南アジアの一部で、主な検疫伝染病は黄熱病、コレラです。


予防接種の計画は余裕をもって早めに
一種類のワクチンでも数回(2〜3回)接種する必要のあるものもあります。海外への旅行を思い立ったら早い時点で(できるだけ出発3か月以上前から)、予防接種機関や検疫所で、接種するワクチンの種類と接種日程の相談をしてくださいね。


関連リンク
厚生労働省検疫所 海外感染症情報 ▲日本検疫衛生協会

« スポンサードリンク »

いざというときのための海外旅行傷害保険

お守りがわりに
海外旅行中の病気や事故、盗難などに伴う出費を補償してくれるのが海外旅行保険です。無駄な出費と考える方もいますが、海外でトラブルに巻き込まれた際、保険に入っていなかったばかりに多大な出費となってしまう場合も少なくありません。

安心料だと考えて、お守りがわりにぜひ加入しておきましょう。

保険料は掛け捨てで、料金は旅行期間、補償額によって決まります。

海外旅行保険、加入の方法
保険に加入するには保険会社に直接出向くか、代理店になっている旅行会社などで手続きが出来ます。今ではインターネットでの申し込みも一般化されてきています。

正直、旅行会社での窓口では保険内容にすごく詳しい人っていうのがおりません。こみいった相談なら直接保険会社に連絡した方がいいと思います。

出国前の空港ロビーでも加入できますが、保険は自宅を出た時点から有効なので、自宅・空港間でのトラブルに対応するためには、あらかじめ加入されていた方がいいでしょう。
自宅から空港までに怪我する場合って結構多いのです。

保険内容は大きく基本契約と特約に分かれて、さまざまな種類が用意されています。通常一般的なケースに合わせてセットになっていますが、自分の旅行スタイルによって、組み合わせることができます。

セットになっている保険は、補償額が充分すぎます。おすすめは、自分の希望にあわせたバラがけプランです。

« スポンサードリンク »

海外旅行に便利な各種証明書

国際(国外)運転免許証
海外で車やバイクを運転する予定がある人は国際(国外)運転免許証が必要です。1回の申請で1年間有効の免許を発行してもらえますし、取得手続きも簡単です。

ハワイやグアム、サイパンでは日本の運転免許証でもレンタカーを利用できますが、何かトラブルがあったときのためにも国際免許証は持っていったほうが便利です。

必要書類
・運転免許証
・写真1枚(縦4cm X 横4cm)
 ※無帽、正面、上三分身、無背景で申請前6か月以内に撮影したもの
・パスポートなど渡航を証明するもの
・申請書(窓口にあります)
・手数料 2,650円

住民票のある都道府県の運転免許試験場か公安委員会に必要書類を提出すれば即日発行されます。



国際学生証
ISIC国際学生証





学生(本科生でない場合や聴講生はのぞく)の方は、国際学生旅行連盟が発行するISICカードを取得していると何かと割引があります。

ISICカードは国際的に統一された学生身分証明証です。

ISICカードとはISTCが発行する世界的に共通の国際学生証です。毎年世界98ヶ国で450万枚以上発行されています。日本の学生証に代り世界各国で通用します。

美術館、博物館、映画館、劇場や列車や航空運賃の割引などもある場合があります。

必要書類
・申請書(ホームページからダウンロードできます。)
・写真1枚(縦3.3cm × 横2.8cm、無帽・無背景、裏に氏名を記入)
 ※6カ月以内に撮影しもの。
・学生証のコピー、または在学証明書1枚。
 ※学生証のコピーは原寸大に切って提出して下さい。
・手数料 1,430円 

大学生協プレイガイドなどに必要書類を持参する。郵送などでの申請も可能です。詳しくは下記、国際学生証ISICカードのホームページへ。


国際青年旅行証(GOー25カード)
国際青年証(正式英文名:International Youth Travel Card)は、通称IYTCカードと呼ばれています。
25歳までの若者が会員であることから、GO−25の愛称でも知られています。
国際学生旅行連盟(International Student Travel Confederation, ISTC)が発行している、
国際的に統一された青少年のための身分証明書です。26歳未満であれば、誰でも取得することができます。

通用範囲は国によって差がありますが、フランスやイギリスなどは利用機会も比較的多くなってきています。

必要書類
・申請書(ホームページからダウンロードできます。)
・写真1枚(縦3.3cm × 横2.8cm、無帽・無背景、裏に氏名を記入)
 ※6カ月以内に撮影しもの。
・年齢を証明する書類(パスポート、免許証などのコピー1枚)
 ※学生証のコピーは原寸大に切って提出して下さい。
・手数料 1,430円

全国のユースホステル協会などに必要書類を持参する。郵送などでの申請も可能です。詳しくは下記、日本ユースホステル協会のホームページへ。


関連リンク
国際学生証ISICカード ▲日本ユースホステル協会

« スポンサードリンク »

海外旅行でのお金の準備

お金を海外に持っていくには
お金を海外に持っていく方法は大きく分けると以下の3通りです。

仝酋癲淵ャッシュ)
▲肇薀戰蕁璽坤船Д奪
クレジットカード

これをどれぐらいの割合で持っていくかですが、昔は「現金とトラベラーズチェックを2:8の割合で」とか言われました。でも、今ではそのような事もありません。渡航先や自分の旅行のスタイルに合わせた方法で持っていってください。

仝酋癲淵ャッシュ)
盗難、紛失の心配さえなければもっとも実用的で確実な通貨です。

基本的には渡航先の現地通貨を持っていればいいのですが、訪問国が複数の場合はそれぞれ準備するのは大変ですし、日本で購入できない通貨もあります。ですからわざわざ日本で現地通貨に替えなくても日本円や米ドルで持っていき、渡航先で現地通貨に両替すればOKです。


▲肇薀戰蕁璽坤船Д奪
サインした本人しか使えない、再発行が可能など、安全性の一番すぐれているのが旅行者用小切手のトラベラーズチェックです。ビザカードやマスター、アメックスなど色々な会社が発行しています。

購入は「外国為替取扱」の表示のある銀行、郵便局、旅行会社などで購入できます。購入の際、その場でホルダーズサインに署名します。署名しないまま盗難、紛失しても再発行はされません。同時に控えをくれますので、トラベラーズチェックとは別のところに保管してください。(再発行のときに必要となります)

使うたびにトラベラーズチェックの番号、金額、使用場所を控えておくのが理想的です。ひじょうに面倒ですが再発行のときに必要となります。

使用時にパスポートの提示を求められるときもあります。


クレジットカード
海外に行くのなら1枚は持っていたいクレジットカード。多額の現金やトラベラーズチェックを持ち歩く必要もありませんし、盗難、紛失の際にも再発行してもらえるので安全面でも安心です。

レンタカー利用時やホテルのチェックインの際には、身分証明にもなりますのでフリーなどで旅行される方には必需品です。



http://finance.www.infoseek.co.jp/MnForex/fxcalc/

« スポンサードリンク »

タグ /           

海外旅行での旅行カバンと持ち物選び

どのようなカバンで
海外旅行のカバンといえばスーツケースが定番ですが飛行機に乗るからといってスーツケースでなければいけないってこともありません。今は、旅行カバンのタイプも色々で機能性、デザインも充実しています。

選ぶポイントは大きさ、収納力、素材(強度)、扱いやすさなどです。それぞれ長所、短所があるので自分の旅行スタイルにあった物を選んでくださいね。

飛行機に預けるメインのバックの他に手荷物用のバックも用意しましょう。これは旅行中の観光やショッピングの際に利用するので、ガイドブックやカメラなどが入り、かつ軽くて丈夫なものが理想です。


スーツケース
自分で荷物を持ち運ぶ機会の少ないパックツアーならスーツケースが便利。容量も多く、丈夫です。ただし、重いので空港までの移動で階段などでは大変です。また似たようなデザインが多いのでいろいろな工夫(スーツケースのベルトをする、ステッカーを貼るなど)をしてわかりやすいようにしてください。


バックパック
個人の自由旅行や登山旅行などつねに自分で荷物を運ばなければならない人は背負えるバックパックを。両手があくのが最大のメリット。ただし、高級ホテルでは不似合いだし、出し入れも結構大変。


3WAYバック
肩にかける、手にもつ、背負うなど状況に応じて3通り使える3WAYバッグは機能的で便利。どんなスタイルの旅行にも対応できますが、素材によっては型崩れするようなものもあります。カギがかけられるようなものがおすすめです。


キャリーバック
最近は街でもよく見かけるカートつきキャーリーバックは機能性抜群、キャビンアテンダントや添乗員もよくもっているのがこれです。
サブバックや増えた荷物をバックの上にのせることも可能。一般的に機内持込が可能です。ただし、収納性はあまり高くないので荷物の多い場合は不向き。


« スポンサードリンク »

海外旅行の服装プランのポイント

旅先で服装に迷わない智恵
あれもこれもと、旅の持ち物の中で一番迷うのが服装選び。目的地の気候に合わせるのはもちろん、かさばらない、しわになりにくい、色々なシーンで応用が利くなど、無駄のない選び方をしたいもの。下記のポイントを参考にして上手な失敗しない服装選びをしてください。


気候に合わせる
渡航先の気温ではなく、一日の気温差に最も気をつけてください。熱帯地方の冷房対策も必要です。厚手のものよりは、薄いものを重ね着できるように心がけてください。


扱いやすい素材
カジュアルにもシックにもきめたいなど海外旅行に適しているのが、ポリエステルやレーヨン素材のもの。さまざまな加工がされていてパンツからワンピースまでデザインも豊富です。

スーツケースにくるくる丸めて入れておいてもシワにならず、コンパクトに持ち運べて、夜に洗っておけば、朝には乾いているという扱いやすさ。おすすめです。


少ない服で着まわしを
いろいろな組み合わせができてどんな場面でも浮かない格好がベストですよね。着回しできれば、荷物も減らせます。着回ししやすい服選びのコツは、同系色でまとめることです。黒で統一するとか、茶・ベージュ系でまとめるなど、基本カラーを決めてそれにそってトップとボトムを選ぶのです。また、トップのアイテム数を多くすると同じ服を着ていると思われにくいです。


ジーンズは海外旅行には向かない
海外旅行にジーンズをはいていかれる方をよく見かけますが、ジーンズは洗いにくいのと乾きにくいのであまりおすすめしません。男性の方なら、ジーンズより綿パンのほうが、乾きやすいし色々な場所でも合わせやすいです。


スカーフはおすすめアイテムです
スカーフは1枚あると重宝します。ワンピースの上にプラスするとドレスアップした雰囲気になるし、肌寒いときなどはカーデガン代わり、イスラム圏では、髪の毛をスカーフで隠せるし、ビーチリゾートでは水着の上から巻けば、水着では入れないレストランにも利用できます。


今回は、男性のわたしではアドバイスできないような事を友人のベテラン添乗員Yさんに教えてもらいました。Yさん本当にありがとう。

« スポンサードリンク »

タグ /           

お問い合わせは♪
相互リンクやこのサイトに関するお問い合せは、
travel@@badpapa.net
までお願いします♪。
(@マークは一つはずしてくださいね)
ブログランキング&タグ
ポジション制限
  • ライブドアブログ

Return to page top