ホーム » 海外旅行に関する最新情報 » カナリア諸島(スペイン)「第25回カナリア国際音楽フェスティバル」、ウイーン(オーストリア)で「皇帝舞踏会」開催、クリスマスシーズンのイタリアの情景、セントーサ(シンガポール)でダンスフェスティバルなどの情報【2008年12月3日106号】
« スポンサードリンク »

カナリア諸島(スペイン)「第25回カナリア国際音楽フェスティバル」、ウイーン(オーストリア)で「皇帝舞踏会」開催、クリスマスシーズンのイタリアの情景、セントーサ(シンガポール)でダンスフェスティバルなどの情報【2008年12月3日106号】

■カナリア諸島(スペイン)
  「第25回カナリア国際音楽フェスティバル」開催

2009年1月10日から3月1日まで「第25回カナリア国際音楽フェスティバル(THE CANARY ISLANDS MUSIC FESTIVAL)」が開催されます。

地元のテネリフェ交響楽団とグラン カナリア フィルや、ロリン マゼールが指揮するウィーンフィル、サンクトペテルブルグ マリーン シアター オーケストラなど世界トップクラスの演奏が楽しめます。

カナリア諸島最大の島、テネリフェ島のサンタ クルス デ テネリフェの
テネリフェ音楽堂や、グラン カナリア島のラス パルマス デ グラン カナリアにあるアルフレード クラウス音楽堂が中心として開催される予定です。

来年は25周年を迎え、より盛り上がることでしょうね。

詳しくは
カナリア国際音楽フェスティバル (英語、スペイン語)
http://www.festivaldecanarias.com/festival_2009/index.php


カナリア諸島へのご旅行をご予定の方は、ぜひご覧くださいね♪

―――――――――――――――――――――――――――――――
■ウイーン(オーストリア)で「皇帝舞踏会」開催

ウイーンだけでも毎年300もの舞踏会が開催されるオーストリア。

2008年12月31日にはその中の一つ、「皇帝舞踏会 (KAISERBALL)」が開催されます。

会場となるホーフブルク王宮はハプスブルク家歴代の皇帝が居城としていた宮殿その会場となる王宮で「会議は踊る」をテーマに、今年は「ホーフブルク王宮50周年記念」も祝います。

ヨーロッパの華やかさ、優雅さをぜひ、味わってください。

詳しくは 
皇帝舞踏会(英語、ドイツ語)
http://www.kaiserball.com/


ウイーンへのご旅行をご予定の方は、ぜひご参加くださいね♪

―――――――――――――――――――――――――――――――
■ クリスマスシーズンのイタリアの情景

ヨーロッパはこれからが、寒いし、雨が多いし、暗いし、いやな季節!!
いやいや、とんでもない。

これからがクリスマスイルミネーションやイベントなど、わたしには最高の季節です。

イタリア政府観光局 (ENIT)からの情報を引用します。
みなさんもクリスマス気分なってくださいね

★ クリスマス・マーケット (Mercatini di Natale)

北部トレンティーノ・アルト・アディジェ州のボルツァーノ(Bolzano)や
メラーノ(Merano)等は、アルプス地方独特な華やかなクリスマス・マーケット(イタリア語でメルカティーニ・ディ・ナターレ)で賑わいます。

特にボルツァーノのヴァルター広場(Piazza Walther)には80もの屋台が軒を連ね、クリスマスの飾り付けやプレゼント用品、クリスマス用のお菓子や食品が売られています。

又、ローマのナヴォーナ広場のクリスマス市では、お菓子やおもちゃ等の屋台がたち、ローマっ子、子供連れ、観光客で賑わいます。

ローマのクリスマスマーケット --- 2008年12月08日〜
                 2009年1月06日

ボルツァーノのクリスマスマーケット --- 2008年11月02日〜
                       12月23日
詳しくは
イタリア語、ドイツ語
http://www.bolzano-bozen.it/mercatino/index.html

メラーノとブレッサノーネのクリスマス・マーケット
       --- 2008年11月28日〜2009年1月06日

詳しくは
イタリア語、ドイツ語
http://www.christkindlmarkt.it


★ プレゼピオ
イタリアでは、各地でクリスマスツリーの他、伝統的な「プレゼピオ」が教会等に飾られます。

プレゼピオとは、キリスト生誕の場面をテラコッタ製の人形で再現した
飾りですが、教会等で飾られる大がかりなものだけでなく、多くの家庭でも飾られます。

又、人形ではなく実際の人間がその様子を劇として再現する「人間プレゼピオ」(Presepio vivente)が、地方の村等で上演される事もあります。

プレゼピオで有名なのは、ローマ法王のおひざもと「バチカン」のサン・ピエトロ広場に飾られる巨大なプレゼピオ。

又、ナポリの下町 サン・グレゴリオ・アルメーノ通り等では、家に飾る
プレゼピオを買い求める人々でこの時期大変賑わいます。


★ クリスマスツリー
イタリア各地の広場や駅には、大きなクリスマスツリーが飾られますが、
ペルージャの北40km、マルケ州との境界に近いグッビオ(Gubbio)では、その背後にそびえ立つインジーノ山の斜面に毎年 200個の緑のライトで縁取られた巨大なクリスマスツリーが点灯されます。

点灯期間は2008年12月07日〜2009年1月10日

詳しくは
イタリア語、英語、日本語
http://www.alberodigubbio.com/

 ※問い合せ: グッビオ観光協会(Servizio Turistico Associato)

  TEL; 075-9220693


この期間、ぜひ、イタリアのクリスマスを味わってくださいね♪

―――――――――――――――――――――――――――――――
■セントーサ(シンガポール)でダンスフェスティバル
「ズークアウト ダンス フェスティバル (ZOUKOUT DANCE FESTIVAL)     2008」開催

2008年12月13日午後6時30分より翌朝8時まで、東南アジア最大のダンスフェスティバル「ズークアウト ダンス フェスティバル (ZOUKOUT DANCE FESTIVAL) 2008」が、セントーサ島のシロソビーチ(SILOSO BEACH)にて開催されます。

このフェスティバルは、シンガポール最大のダンスクラブ「ズーク (ZOUK)」が主催する野外ビーチパーティーです。

詳しくは、
ZOUKOUT 2008(英語)
http://www.zoukout.com

この期間、セントーサへのご旅行をご予定の方はご参加くださいね♪

―――――――――――――――――――――――――――――――
■時差ぼけの解消法
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
これからどんどん年末年始や航空運賃が高くなる前の一番安い時期に海外旅行にいく方、多いと思います。

今回は、優雅な船の旅ではない一般的な海外旅行で心配事のひとつ「時差ぼけ」についてお伝えします。

☆旅行前にどう過ごすか?
睡眠の日常行動を変える
旅行の数日前から睡眠のパターンを変えてみましょう。
東の方に行くなら一時間早く、西の方にいくなら一時間遅く寝ることです。

十分に寝る
睡眠が足らずに飛行機に乗ると時差ボケがよけいにひどくなりますよ。

リラックスする
空港では色々待たされたりイライラさせられることが多いのですが、できるだけリラックスして過ごしてください。ストレスは時差ボケを悪化させます。


☆飛行機の中でどう過ごすか?
水分をしっかりとる
飛行機の中だけでなく、乗る前、乗った後もしっかり水分をとってくださいね。

アルコールは控える
時差ボケの症状を悪化させます。わたしは、無理です(^^ゞ

動き回る
キャビン内を時々歩いたり、腕や足をストレッチ。
これはエコノミークラス症候群の予防にもなります。

時計を現地時間に合わせる
現地時間に合わせて行動することで、時差ボケを防ぎます。

少しでも眠る
飛行機に乗っている時間が、現地の夜であれば少し眠りましょう。
耳栓やアイマスクは必需品です。


☆到着したらどうするか?
現地時間に合わせて行動する
できるだけ早く新しい習慣に慣れましょう。
食事や睡眠を家の時間ではなく現地の時間に合わせてとってくださいね。

昼寝は避ける
疲れているかもしれませんが到着してすぐ昼寝するのは避けてください。
辛いでしょうが、なるべく夜まで起きていることで、体が慣れていきます。

屋外で過ごす
日光は体のリズムを整える大事な要素です。


☆睡眠改善剤などを利用する
メラトニンとか、ピクノジェノールですね。
時差ぼけの薬にはこの成分が含まれているものがあります。


ということで、出発前から時差ぼけ対策は始まっています。

よく読んで時差ぼけでせっかくの海外旅行がつまらなかった
っていうことのないように気をつけてくださいね♪

―――――――――――――――――――――――――――――――
■海外旅行を楽しむみなさまへ、キュウトからのメッセージ!!

こんなタイトルで何かな?ってビックリされたかもしれませんが・・・・

インド、ムンバイでの同時テロ事件や、バンコクのスワンナプーム国際空港占拠ベニスで22年で最悪の水没状態など、世界では大変なことが起こっています。

自然現象はどうしようもないことですが、テロなどは本当に許されることではないです。本当に腹立たしいですよね。

このような時代になってきて、わたしのメルマガでよくお伝えしているのですが海外旅行する方が多くなるこれからの時期にもう一度伝えたいと思います。

それは、「自分の身は自分で守る」ということです。
簡単な言葉ですが、難しく、奥が深い!!

ひとつの手段として、渡航先に対して危険では?など不安であれば、旅行会社に聞かずにまず自分で調べてみてください。

旅行会社も外務省、現地旅行社などからの情報はもちろん入手しています。

しかし、お客様からの質問には、間違いなくこの答えです。
「100%安全とはどの国に対しても、申し上げられません。
  外務省から旅行中止の通達は来ていませんので、ツアーは催行しています」

自分で調べることによって、その国のこともより深く理解できます。
「どうして、このような状態になっているのだろう?政治?民族?宗教?」

ぜひ、まずは「自分の身は自分で守る」ということを納得し、
そのためのひとつの手段、「自分で調べる」実行してみてください。

そのためのちょっとした方法を、みなさんがすぐ実行できるように発行者情報に記載するようにしました。

参考にしてくださいね♪
                                     
―――――――――――――――――――――――――――――――
■編集後記

ちょっと熱く語ってしまいましたが、編集後記はいつもの調子で。


アラブで発売されたミルク入りチョコ
わたしの大好物のチョコレートは、スイスかベルギー製ですが、ドバイのあるアラブ首長国連邦(UAE)では、砂漠の国らしいミルクチョコレートが
発売されました。

ミルクチョコレートといってもラクダのミルク♪
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/middle_east/article5158478.ece


こんなチョコレートです
http://pics.livedoor.com/u/looktour/4503601/info

ドバイに行った方、ぜひどんな味か教えてくださいね♪                        
                   ドバイの暑さで融けないの?

« スポンサードリンク »
お問い合わせは♪
相互リンクやこのサイトに関するお問い合せは、
travel@@badpapa.net
までお願いします♪。
(@マークは一つはずしてくださいね)
ブログランキング&タグ
ポジション制限
  • ライブドアブログ

Return to page top