ホーム » メルマガバックナンバー » 【2008年4月8日発行 79号】情報収集のしかたと海外からのホットな情報とです。
« スポンサードリンク »

【2008年4月8日発行 79号】情報収集のしかたと海外からのホットな情報とです。

■オランダでは7月1日からホテルやレストランで全面禁煙化です 
オランダでは7月1日から、一部喫煙室や野外テラスを除くホテル、レストランバー、カフェが全面禁煙となります。

オランダでは2002年に禁煙を促す法律が施行されて、公共の建物内や職場での禁煙などが徐々に実施されていました。

アムステルダム・スキポール空港では今年の1月1日から、空港ターミナルビル全ての公共の場所で禁煙で喫煙所はありません。

レストランやカフェ、航空会社ラウンジなどでも禁煙となっています。


喫煙家のみなさん、気をつけてくださいね♪


■ブタペストとウィーンを結ぶドナウの国際航路でヴィシェグラード寄港します
ハンガリーの船会社マハルト・パスネーブは4月26日から10月5日まで毎日ブダペストとウィーン間のドナウ国際航路を水中翼船で運航します。

これは毎年運航していますが、今年は初めて丘の上の砦跡からドナウ川を
見渡せる眺望が有名な観光地「ヴィシェグラード」に寄港します。

ただし、ヴィシェグラードとブラチスラバに寄稿する場合は、事前の申し出が必要です。

所要時間は、ブタペスト/ウィーン間が約5時間30分から6時間30分。


☆ドナウ国際航路概要
運航時刻:ブダペスト午前9時発/ウィーン午後15時30分着
     ウィーン午前9時発/ブダペスト午後14時30分着

料金:ブダペスト/ウィーン発着の場合、
   大人片道89ユーロ、往復109ユーロ 


ブダペスト/ウイーン間って航空機を利用するツアーが多いのですが、水中翼船もすばらしく、空港に2時間前に到着しなければならない、チェックイン、荷物のピックアップなどしていたら、航空機利用と時間的にもあまり変わらない場合もあります。

ヴィシェグラードってすごくいい町ですよ。ウイーンもブダペストも大好きな町のひとつです。

絶対のおすすめです。 ぜひ、行ってくださいね♪


■パプアニューギニア、ナショナル・マスク・フェスティバルが開催予定
パプアニューギニアでは7月16日から19日まで、
「ナショナル・マスク・フェスティバル」が開催される予定です。

パプアニューギニアでは、600の島々がそれぞれに異なった文化と言語を持っています。

政府は1995年から同フェスティバルを開始し、国内の民族が自分達の文化をアピールする場となっています。

パプアニューギニアのマスクは代々、村や家に伝わるもので、民族の力の源ともいえる重要なもの。その歴史は長く、何千年も前からといわれていますが、時代の流れで減少しているといわれています。

それを危惧したパプアニューギニア政府の文化観光部が同フェスティバルの開催を決定し、いまでは国内外から約1万人の観光客が訪れるとのことです。

会場では民族のマスクとともに、民族舞踊を披露。そのほか、木彫りや服などの手作りの民芸品も販売されます。

会場等の詳細はわかり次第、ご案内します。

夏の旅行の計画のひとつに入れてくださいね♪
 

■現地情報の収集のしかた
海外旅行では情報収集が大きな鍵を握っています。知っているのと知らないのとでは旅の面白さも大きく変わってきます。

行き先の一般的な情報(気候や生活様式など)はもちろんのこと、歴史や文化などについても知識があれば、同じものを見てもまったく印象が変わってくるはず。旅行から帰ってきて『えぇ〜そんなのあったの?』
『えぇ〜そんなこと、できたの?』などということにならないように情報を集めましょうね。


☆よいガイドブックを選ぶには
一般的な情報を広く網羅しているので、大まかな概要をつかみやすいです。
書店には何種類もずらりと並んでいるので、きっと迷うと思います。

そんなときには一番売れているもの、つまり版を重ねている本を選ぶのがポイントです。売れ行きのいいものはひんぱんに改訂されるので、常に新しい情報が載っています。

発行日などをチェックして、決して1年前のなどを買わないように!!

ガイドブックには、初心者向け、個人旅行者向け、リピーター向けなどあるので自分にあったものを選んでください。


☆旅行会社のパンフレットを利用する。
旅行会社のパンフレットには写真をふんだんに使って、ホテルの説明や簡単な見どころ、催し物ガイド、さらに各地の名物料理の紹介やショッピング情報、気温や湿度、お祭などの情報が紹介されています。

パンフレットは、信用できる旬の情報満載のミニガイドブックです。


☆政府観光局は情報の宝庫
その国の最新情報を入手するには各国政府観光局に聞くのが一番。
ホテルガイドやドライビングマップなど旅行者に便利な冊子がそろっています。
(英語版も多かったりしますが・・・・)

最近ではインターネットのホームページやファックスサービスなどから情報が得られるのでまずこちらからチェックしてください。

それでもわからなければ直接電話で問い合わせる。
(なかなかつながらなかったり、無愛想だったりしますが・・・)
そのときには質問は具体的なのを用意しておきましょう。


☆書籍・TV番組など
相変わらず、旅行番組って多いですよね。

行き先のイメージをつかんだり、知識を深めるのに役立ちます。
ただし、著者、製作者の主観の強いものや、エンターテイメントを重視したものが多く、客観性に乏しいので、あくまでも参考程度にしてください。


☆耳寄り情報はフライトアテンダントに
現地の事情通から生きた情報を獲得するには、フライトアテンダントが強力な味方です。

彼女(彼)らは、何度も現地にフライトしてショッピングやグルメに精通
しています。

ただし、相手は仕事中なので、根掘り葉掘りは聞けない。タイミングを計って話しかけてください。照明が消えて、映画の放送が始まったころが
いいタイミングですよ♪


☆知人から
細かい点は実際に行かなければわからない事も多いので、その国をよく知る人に尋ねるのもいい方法です。
しかし、印象や感じ方は個人差があるので、その点を考慮した上で。


☆インターネットで現地の情報を
今はこの方法が最も一般的ですし、多くの旅行会社も自社のシステムだけでなく色々なサイトから情報を得ていると思います。

官庁の公式発表の情報から旅行会社のツアー情報、ホテルやチケットの情報、個人の旅行日記まで、さまざまな情報が得られます。
ただどこが情報を発信しているのかなどを注意し信頼性を確認してください

写真もあまり入っていないし、面白みもないサイトですがこのサイトは出発前に必ず、自分の行く国をチェックしてくださいね♪

外務省 海外安全ホームページ
http://www.pubanzen.mofa.go.jp/

これから、いいサイトがあれば紹介しますね。
とっておきのサイトもあるのですが、これは企業秘密♪(笑)

■編集後記
桜が散ってしまいそうですね。

以前、外国でテレビを見ていたらパナソニックのビデオか何かの宣伝で、
満開の桜の木の下で、入学式を迎えた小学生たちの映像でした。

ナレーターなどもすべて英語なのですが、日本がすごく懐かしく感じました。
やはり、日本に生まれてよかったなぁ〜って思います。


    アメリカのサクラメントの桜もきれいですが・・・・・

« スポンサードリンク »
お問い合わせは♪
相互リンクやこのサイトに関するお問い合せは、
travel@@badpapa.net
までお願いします♪。
(@マークは一つはずしてくださいね)
ブログランキング&タグ
ポジション制限
  • ライブドアブログ

Return to page top