ホーム » 海外のニュースや管理人の独り言 » 鳥インフルエンザで海外旅行を検討中の方へ
« スポンサードリンク »

鳥インフルエンザで海外旅行を検討中の方へ

いろいろ報道されている鳥インフルエンザが原因で海外旅行が不安なかた、またはキャンセルしたかたいらっしゃると思います。

そこで今回は「鳥インフルエンザ」について正しい情報をお伝えします。


世界保健機関(WHO)によりますと2008年1月11日現在の鳥インフルエンザの感染確定症例数は、アゼルバイジャン、カンボジア、中国、ジブチ、エジプト、インドネシア、イラク、ラオス、ミャンマー、ナイジェリア、パキスタン、タイ、トルコ、ベトナムの14カ国、計349件(うち死亡例は216件)です。

鳥インフルエンザは本来鳥類間で感染するインフルエンザで、過去のヒトへの感染例は、庭先で鳥やアヒルを飼っている農家の人が、鳥のフン、内臓、死骸など鳥ときわめて密に接触した場合に限られています。

世界保健機関(WHO)が感染地域への渡航自粛も勧告していないのもそのためです。

もっとも心配するのは、海外旅行中にヒトからヒトに感染しないか?だと思います。

ヒトからヒトへの感染の可能性が疑われる症例がベトナム、タイなどで報告されていますが、現時点では鳥インフルエンザの発生を理由に海外旅行を自粛する必要はないと思います。

もっとも重要な点は、
鳥を飼育する農場や鶏市場などを避け、不用意に鳥に近づいたり触れたりしない。
うがいと手洗いの励行
です。

発生地域から帰国するときには、
発熱、せきなどの症状がある人は検疫官、帰宅後症状が現れた方は保険所に相談してください。


知識のない人に影響されて、せっかくの海外旅行が楽しめないってことにならないように旅行会社任せにせず、自分で情報をとってくださいね。


鳥インフルエンザの最新情報は

世界保健機関(WHO)※英語のサイトです。


日本語の情報は、
国立感染症研究所 感染症情報センター
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/index.html

などで確認できます。

« スポンサードリンク »
コメントを投稿する

お名前
URL
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

トラックバックURL

 
 

お問い合わせは♪
相互リンクやこのサイトに関するお問い合せは、
travel@@badpapa.net
までお願いします♪。
(@マークは一つはずしてくださいね)
ブログランキング&タグ
ポジション制限
  • ライブドアブログ

Return to page top