ホーム » おすすめ海外旅行保険&クレジットカード » 海外旅行中、病気や怪我で治療費を払った場合のために
« スポンサードリンク »

海外旅行中、病気や怪我で治療費を払った場合のために

現地で病気にかかると治療費は高額だってことは何度もお伝えしたと思います。
そのために、ぜひ前もって準備していただきたいことがあります。

海外旅行(渡航)中に医療費を支払った場合、日本の公的健康保険から給付があります。
現地で全額支払う必要はありますが、帰国後「海外療養費」を請求できます。

健康保険から支給される金額は日本での同様の病気やけがの医療費(標準額)を基準に算定されるため、外国でかかった医療費が高額な場合は健康保険から戻される割合が低いことがあります。

また、救急車代(外国では基本的に救急車は有料)などは対象になりません。

海外旅行傷害保険から医療費が保険金の形で降りても、健康保険の海外療養費の支給額が減額されることはないとのことです。

手続きには診療内容明細書(診療の内容、病名・病状等が記載された医師の証明書)と領収明細書(内訳が記載された医療機関発行の領収書)、およびこれの和訳文などが必要となります。

詳細については、市町村の国保の窓口(または国保組合)におたずねくださいね
市町村(国保組合)への払い戻し金の請求期限は、その治療費を支払った日の翌日から起算して2年間です。

また民間の保険では、海外旅行保険に関してはみなさんご存知だと思いますが、その他、入院や手術を保障する医療保険、けがが原因ならば傷害保険も対象となります。

傷害保険は請求額が少なければ領収書でも受け付けてくれます。ただし基準額などは会社によって異なりますので事前に確認しておいてください。

給付金を請求するためには、入院や手術の内容を証明する医師により診断書を添付する必要があります。英文の診断書は保険会社によってそれぞれ独自のフォーマットがあることが多いので渡航前に請求しておきましょう。


また、長々とむずかしいですよね。

ここで、プロからのノウハウを伝授!!
出発前にやるべきことを、簡単に説明しますね。

☆家じゅうの加入している保険を探し出す

☆すべての保険会社に連絡し、
 「海外旅行に行くのですが、現地で病気・けがをした場合に給付金を請求する
  ための必要な書類、やるべきことを教えてください」と資料を請求する。

これだけでOKです!!

またカードに加入されている方は、カードに付帯されている保険もありますのでそれもチェック要です!!


一番いいのは、現地で何も起きないこと。
気をつけて海外旅行楽しんできてくださいね。

海外の旅 - livedoor Blog 共通テーマ

« スポンサードリンク »

タグ /           

コメントを投稿する

お名前
URL
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

トラックバックURL

 
 

お問い合わせは♪
相互リンクやこのサイトに関するお問い合せは、
travel@@badpapa.net
までお願いします♪。
(@マークは一つはずしてくださいね)
ブログランキング&タグ
ポジション制限
  • ライブドアブログ

Return to page top