ホーム » 海外のニュースや管理人の独り言 » JAL日本航空がファーストクラスを国内線に
« スポンサードリンク »

JAL日本航空がファーストクラスを国内線に

国際線もそれぐらいの金額でファーストクラスに乗れたらいいのですが・・・・。


JAL ゆったり座席で機内食 国内線ファーストクラス

日本航空(JAL)は28日、12月から始める国内線ファーストクラスのサービス内容を発表した。国際線のファーストクラスに並ぶ快適な座席と機内食などの充実したサービスが特徴。JALはここ数年の運航トラブルなどによる企業イメージの低下で、全日空(ANA)にビジネス客が流れており、企業トップらを呼び戻し、ブランド再生を図る。
 
ファーストクラスは通常料金(羽田−伊丹の場合、大人2万600円)に8000円増しで利用できる。前後の座席間が通常より約28センチ長いなど、ゆったりとした座り心地を確保。サービス面では、有名店と提携した機内食やデザートなどを用意し、客の好みで選べる。空港での高級ラウンジや優先搭乗などもある。

 企業の出張が多い羽田−伊丹線で12月から始め、08年度中に羽田−札幌線、羽田−福岡線に拡大。客単価を上げて、3路線で年約40億円の増収を見込む。

 JALは現在、座席が通常より広い上級座席「クラスJ」を提供しているが、食事の提供などのサービスはない。一方、ANAの上級座席「スーパーシートプレミアム」は機内食の提供や高いサービスで人気を集めている。特に運航トラブル後は「出張で会社から受け取るチケットがJALだとがっかりする」(大手銀幹部)など、JAL離れが加速していた。

 JALの西松遥社長は会見で「我々の企業に対するイメージがき損している」と説明。「地道に改善に努める」考えを示した。【後藤逸郎】



引用:YAHOOニュース気になるニュース - livedoor Blog 共通テーマ

« スポンサードリンク »
コメントを投稿する

お名前
URL
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

トラックバックURL

 
 

お問い合わせは♪
相互リンクやこのサイトに関するお問い合せは、
travel@@badpapa.net
までお願いします♪。
(@マークは一つはずしてくださいね)
ブログランキング&タグ
ポジション制限
  • ライブドアブログ

Return to page top