ホーム » 海外のニュースや管理人の独り言 » 豪タスマニアの海岸で「巨大イカ」打ち上げ
« スポンサードリンク »

豪タスマニアの海岸で「巨大イカ」打ち上げ

豪タスマニア島の西岸にあるストローン近郊のオーシャンビーチで10日、深海に生息する巨大イカが打ち上げられ、科学者らの注目を浴びている。このイカは、胴体部分だけで長さが2メートルある。

 地元博物館の関係者は11日、メディアに対し「けた外れの大きさだ。外套膜の幅は約1メートルあり、全長は約8メートルだ」と語った。重さは250キロという。

 タスマニア州の当局者はこのイカがダイオウイカの一種であると特定。科学者らは標本を採取して調査を行う予定。

 ダイオウイカの仲間は、長さ10メートル超、重さ275キロ超に達することもあるという。
YAHOOニュース引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070711-00000379-reu-int


ゲソ塩で一杯呑むのが大好きな私は、このイカで何人分食べれるかなど、すぐ考えてしまいます。(笑)


海外ニュース - livedoor Blog 共通テーマ

2007年7月12日

« スポンサードリンク »
コメントを投稿する

お名前
URL
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

トラックバックURL

 
 

お問い合わせは♪
相互リンクやこのサイトに関するお問い合せは、
travel@@badpapa.net
までお願いします♪。
(@マークは一つはずしてくださいね)
ブログランキング&タグ
ポジション制限
  • ライブドアブログ

Return to page top