ホーム » 帰国の準備と手続き » 日本帰国時の入国手続き 【免税範囲】
« スポンサードリンク »

日本帰国時の入国手続き 【免税範囲】

お土産や旅行中に調達したものについて関税がかかるかチェックを受けます。日本の免税範囲は次の通りです。


免税範囲
免税となる範囲は下記の通り。

酒類
免税数量:3本
備考:1本760ml程度のもの。1000mlの瓶は1.3本と換算される。

紙巻タバコ
免税数量:200本
備考:外国居住者が輸入するものについては外国製、日本製の免税数量が2倍。

葉巻タバコ
免税数量:50本

たばこその他
免税数量:250g

香水 
免税数量:2オンス
備考:約56cc
その他合計額が1万円以下 ※注
例:1,000円の菓子9個なら免税
その他合計額が1万円以上 ※注
合計額が20万円以上の場合は、超えた品物について課税。 
20万円以上の品物は品物全額に対して課税。
※現地での購入価格を円貨換算して計算。

価格は海外での通常の小売価格を最近のレート換算して計算し、上の範囲を越えた分について税金(関税)がかかります。

酒はウィスキー1本では375円など、酒の種類で税額が決まっています。タバコは1本5円、それ以外の物品は価格の15%となっています。

腕時計、貴金属製の万年筆、パソコン、ゴルフクラブ、貴石、書画、彫刻については関税はかかりませんが、消費税5%がかかります。

とにかく海外で買物するとき、「免税品だから日本でも税金がかからない」などという勘違いはしないでくださいね。

免税範囲を超えた場合や、海外からお土産を発送した場合は「携帯品・別送品申告書」を税関に提出して税額計算をしてもらいます。(海外からの発送がある場合は2通作ります)

税額は、係官が親切にできるだけ安くなるように計算してくれます。税金はその場で払い込みます。

« スポンサードリンク »
コメントを投稿する

お名前
URL
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

トラックバックURL

 
 

お問い合わせは♪
相互リンクやこのサイトに関するお問い合せは、
travel@@badpapa.net
までお願いします♪。
(@マークは一つはずしてくださいね)
ブログランキング&タグ
ポジション制限
  • ライブドアブログ

Return to page top