ホーム » 現地滞在での基礎知識 » 海外旅行先での公共交通機関の利用法 (バス編)
« スポンサードリンク »

海外旅行先での公共交通機関の利用法 (バス編)

バスや地下鉄など現地の人々の足を利用すると、旅行の幅が広がり、楽しみも増します。はじめは勇気がいるし、失敗するかもしれませんが、海外旅行の経験の1つとしてぜひ体験してくださいね。

そのためには、事前に利用方法や路線などを調べる必要がありますが・・・・
料金は安いし、現地の人々の生活も垣間見られるのが、公共交通機関のいいところでもあります。

回数券や割引パス、乗り放題のチケットなど、都市によっては旅行者でも便利なサービスがあります。利用できるものはどんなものでも貪欲に利用して、交通機関を上手に乗りこなしてください。

海外旅行バス

バス
多くの路線をもつバスは市民の足。乗りこなせれば、行動エリアが広がりますし、窓から眺める景色も楽しみのひとつです。

路線図と時刻表を入手してください
バスを利用する際に入手したいのが時刻表と路線図。いずれも観光案内所やバス会社のオフィスなどで入手できる可能性が高いです。

運賃
乗車時に運賃を料金箱に入れる場合は小銭を用意しておいてください。紙幣は受け付けないとするところも多いです。また、おつりはもらえないことが多いので、ぴったりの金額を用意しておきましょう。

ヨーロッパでは、前もってキオスクやコンビニエンスストア、タバコ屋、またはバス停にある券売機でチケットを購入する場合もあります

なお、都市によっては、1日乗り放題の乗車券などお得なパスが販売されていることもあるので調べてみてください。

乗り継ぎの場合
アメリカでは、無料またはわずかな追加料金で乗り継ぎが可能です。乗車時にドライバーに「Transfer Please」と伝え、乗り継ぎ用のチケットを受け取ります。乗り継ぎバスに乗車する際に、そのチケットと必要なら追加料金を支払います。

降車する
目的地が近づいてきたら、窓枠の周りに設置された黒いテープにタッチするか、車内に取り付けられたブザーを押すなどして、次の停留所で降車することを伝えます。

そのほかの注意点
治安の悪い場所での夜間の乗車は、おすすめできません。また、人の少ないバス停でバスを待つことも危険です。車内では万一の事態を想定して、ドライバーの近くに座ろう。また、スリや置き引きにも注意しよう。

« スポンサードリンク »
コメントを投稿する

お名前
URL
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

トラックバックURL

 
 

お問い合わせは♪
相互リンクやこのサイトに関するお問い合せは、
travel@@badpapa.net
までお願いします♪。
(@マークは一つはずしてくださいね)
ブログランキング&タグ
ポジション制限
  • ライブドアブログ

Return to page top