ホーム » 出入国完全マニュアル » 1.到着 2.検疫 3.入国審査
« スポンサードリンク »

1.到着 2.検疫 3.入国審査

1.到着
入国審査に向けては、パスポート、入国カード、税関申告書の提出書類を出しておいてください。

入国カードを機内で書き忘れた人は、入国審査のカウンターにも置いてあるので書いてください。


2.検疫
イエローカード(国際予防接種証明書)が義務付けられている一部の国以外は、チェックがないのでそのまま通貨できます。

検疫は、指定されている国ではイエローカード(国際予防接種証明書)を提示します。
未接種の場合は、空港で接種を受けなければならないこともあります。


3.入国審査
パスポートと入国カードを提示して審査を受けます。問題がなければ、パスポートに入国スタンプを押してくれます。

カウンターは、Resident(居住者)とNonresident(非居住者)又はForeign Passportと分かれている場合があるので、該当するところに並びます。

混雑時には、居住者用カウンターのすぐ隣の行列に並ぶのがポイント。現地の人はさほど多くないので、彼ら全員のチェックが終わるとそのカウンターは外国人用になる場合があります。早く済ませるための裏ワザです♪

入国審査は、問題がなければすんなりと通ることができますが、一つ間違うと審査官が入国を認めないってことになる恐れもあります。

入国審査官がチェックする項目としては、
・ブラックリストに載っていない人物であるかどうか!
・不法滞在の可能性はないか!
・許可なしに商売をしたり就労することはないか!

不法滞在や商売、就労の可能性については、その気もないのに入国審査官に疑われると入国できないってことにもなりますので、十分に注意してくださいね。

ブラックリストに載っているかどうかは、本人が一番よく知っているのでは? (笑)

ツアーの場合はほとんど問題はないと思いますが、一応お知らせしますね。
・片道の航空券しか持っていない場合(国によって違います)
・パスポートに押されたビザが観光なのに、入国の際に「勉強」とか「仕事」だと答えた場合。
・滞在先があやふやだったりした場合。
・長すぎる滞在期間の場合。

入国審査官は、基本的に英語で話しかけてきます。
多少英語が話なせる方でも、訛りの強い英語だったり、気が動転したりすると、聞き取れない場合もあるかも知れません。

その場合、絶対に中途半端にうなずかないことです。
聞き取れなかったした場合、意味が解らなかった場合等、はっきりとわからないと伝えるようにしてください。

そうすれば、入国審査官側が対処してくれます。


質問と答えの代表例です。
・入国目的は何ですか?
 What is the purpose of your visit?
 観光です Sight-seeing.

・どれくらい滞在しますか?
 How long will you stay?
 9日間です 9days.

・何か申告するものがありますか?
 Do you have anything to declare?
 ありません No,nothing.

・これは何ですか?
 What is this?
・身の回り品です It's a personal effect.

緊張せずに、頑張ってくださいね!!



 

« スポンサードリンク »
コメントを投稿する

お名前
URL
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

トラックバックURL

 
 

お問い合わせは♪
相互リンクやこのサイトに関するお問い合せは、
travel@@badpapa.net
までお願いします♪。
(@マークは一つはずしてくださいね)
ブログランキング&タグ
ポジション制限
  • ライブドアブログ

Return to page top